[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手村で海外選手たちが撮った思い出写真 衝撃の倒立の体操選手は「超狂ってるよ」

東京五輪は8日に全競技が終了し、閉会式をもって閉幕。今大会は行動制限により、選手たちは選手村で時間を過ごすことになったが、その中で思い出の写真を数々撮影し、SNS上でファンと共有した。

選手たちが選手村で撮影した様々な写真が話題を集めた【写真:AP】
選手たちが選手村で撮影した様々な写真が話題を集めた【写真:AP】

選手村で撮られた写真の数々、夕焼け撮影ブームも話題に

 東京五輪は8日に全競技が終了し、閉会式をもって閉幕。今大会は行動制限により、選手たちは選手村で時間を過ごすことになったが、その中で思い出の写真を数々撮影し、SNS上でファンと共有した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 最も多く見られたのが、五輪マークのオブジェ前の撮影。しかし、体操のオーストラリア男子代表のタイソン・ブルは驚きの1枚を投稿した。なんと3メートル近くはあろうかという真ん中の輪によじ登り、その上で綺麗な倒立を披露。「なんということだ! この素晴らしい場所と経験にお別れを言わなくてはいけない」と別れを告げる写真には「エゲツない写真だ」「超狂ってるよ」「これは素晴らしい」と驚きの声が相次いだ。

 摩訶不思議な写真で話題となったのは、体操のマレーシア女子代表ファラアン・アブドルハディ。選手村の美しい夕焼けをバックに、体操選手らしく指先まで行き届いたポーズをり、一見すると静止画のように見えるが、足元を流れる水場は規則的に動いており、動画を加工した様子だ。「五輪選手村からの風景」とメッセージを添えた投稿には「美しい」「超アメージング」「良い眺め」と海外ファンの視線も釘付けになった。

 選手村から見える風景も多く投稿された。特にベランダから見える夕焼けが好評。野球のイスラエル代表タイ・ケリーもその一人で、ビル群が雲の切れ間から差し込む夕日に照らされ、選手村付近を写し出したものをアップした。その上で「ここまでの五輪で一番のお気に入りの部分は、アスリートたちみんなが道の真ん中で立ち止まり、夕暮れの写真を撮っているのを見ることだ」と村内で夕焼け撮影がブームであると明かした。

 大会終了をもって、すべての選手たちが選手村を出て、帰国の途に就くことになる。しかし、それぞれのスマートフォンに残された写真は多くのアスリートにとって、忘れられないものになるだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集