[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

銀メダルの空手・清水希容「勝ちたかった…悔しい」 世界1位に屈し涙「申しわけない」

東京五輪は5日、今大会から採用された空手・女子形の決勝が行われた。世界ランキング2位の清水希容(ミキハウス)は27.88点。28.06点を獲得した同1位サンドラ・サンチェス(スペイン)に敗れ、銀メダルとなった。決勝後のテレビインタビューでは「勝ちたかったんですけど……悔しいです」と涙を見せた。

空手・女子形、決勝で演技する清水希容【写真:AP】
空手・女子形、決勝で演技する清水希容【写真:AP】

東京五輪空手・女子形

 東京五輪は5日、今大会から採用された空手・女子形の決勝が行われた。世界ランキング2位の清水希容(ミキハウス)は27.88点。28.06点を獲得した同1位サンドラ・サンチェス(スペイン)に敗れ、銀メダルとなった。決勝後のテレビインタビューでは「勝ちたかったんですけど……悔しいです」と涙を見せた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 先に登場したのはサンチェス。スピード、パワーともに優れた動きで、世界女王の貫禄の演武を見せつけた。後から登場した清水は一礼し、力強い声を出して演武をスタート。静かな会場に速度を感じさせる音を響かせながらやり切り、会場から拍手を浴びた。判定の結果、清水はサンチェスに及ばず。試合後の両者は握手して、健闘を称え合った。

 決勝を終えた清水は「予選よりリズムや練習したところで、少し焦ってしまった。足場がふわついてしまったところがある。もう少し予選のような形で気持ちが出せればよかった。たくさんの人が応援してくれていたのに、勝てなかったのは申しわけない気持ち」と振り返った。また「ここまで来るのに凄く……凄くしんどかったので、ここで勝ちたかったんですけど……悔しいです」と感極まった様子で話した。

 金メダルを狙った今大会。これまでの直接対決ではサンチェスに3勝6敗と負け越していたが、勝ちきれなかった。「この舞台にまずは立たせてもらったこと、五輪自体開催できるかわからない中で開催してもらったこと。感謝していますし、こんな経験はもうできない。貴重な経験をさせてもらったと思う」「優勝すること、5年間ずっとその思いでやってきた。悔しい気持ちはありますが、支えてきてくださった人たちに感謝したい」と語った。

 27歳の清水は、20歳の時に2013年の全日本選手権で史上最年少優勝を達成。14、16年の世界選手権を連覇し、14、18年のアジア選手権でも優勝している。18年の世界選手権はサンチェスに敗れ銀メダル。全日本選手権は19年まで7連覇しており、20年12月の同大会は準優勝だった。

 空手は今大会で初めて実施。形と組手の2種目があり、形は相手と直接対決せず、仮想の敵を倒すことが目的。世界空手連盟(WKF)の認定する形リスト(約100種類)から1つを選択して演武を行う。選択した形は一つの大会で一度ずつしか使えない。技の正確性、力強さ、表現力、スピード、リズム、バランス、極めなどを採点方式で競う。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集