[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ日本、3連敗で終戦 八村塁は13得点も世界4位の壁高く…悲願の五輪1勝ならず

東京五輪のバスケットボール男子1次リーグC組は1日、日本が第3戦で世界ランク4位のアルゼンチンと対戦。77-97で敗れ、3連敗で終戦となった。エース八村塁は徹底したマークに苦しみ、13得点だった。渡邊雄太は17得点だった。

バスケットボール日本代表の八村塁は徹底マークに遭い、13得点に終わった【写真:Getty Images】
バスケットボール日本代表の八村塁は徹底マークに遭い、13得点に終わった【写真:Getty Images】

1次リーグ第3戦、世界4位アルゼンチンと対戦

 東京五輪のバスケットボール男子1次リーグC組は1日、日本が第3戦で世界ランク4位のアルゼンチンと対戦。77-97で敗れ、3連敗で終戦となった。エース八村塁は徹底したマークに苦しみ、13得点だった。渡邊雄太は17得点だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 迎えたグループリーグの最終戦。スペイン、スロベニアに連敗で崖っぷちの日本だが、勝てば準々決勝に進出。同じく連敗も、勝てば8強入りできるアルゼンチンとのサバイバルマッチに臨んだ。

 第1クオーター(Q)からアルゼンチンの3ポイントシュートが次々と決まり、じわじわと点差を広げられていく。日本は八村が厳しいマークを受け、なかなかチャンスを作れない。10点のビハインドで第1Qを追えると、第2Qでは食らいついたがなかなか点差は縮まらない。38-46と、8点を追う展開で前半を折り返した。渡邊雄太が強気のプレーで引っ張ったが、八村は2得点にとどまった。

 後半の立ち上がり、八村塁がレイアップを沈め42-46と4点差に迫る。しかしここからアルゼンチンに立て続けに3ポイントを沈められるなど、再びリードを広げられ、53-65で第3Qを終了した。最終Qも相手の3ポイントを防ぎ切れず、敗れた。

 初戦のスペイン戦で20得点、2戦目のスロベニア戦で34得点と奮闘した八村だったが、この日は13得点。フィールドゴールの成功率は35%にとどまった。

 八村、渡邊雄太と2人のNBAプレーヤーを擁し、史上最強と称された日本。悲願の五輪1勝が期待されたが、世界の壁は厚く3連敗で大会を終えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集