[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗敗退に海外衝撃 世界38位の韓国選手に敗れ「モモタがKO」「何て大番狂わせ」

東京五輪バドミントン男子シングルス1次リーグが28日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた。世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は同38位・許コウ熙(韓国)に15-21、19-21でストレート負けし、1勝1敗の2位で1次リーグ敗退。海外記者は「モモタがKO」と大波乱の衝撃を伝えている。

バドミントン男子シングルスの桃田賢斗がまさかの1次リーグ敗退【写真:Getty Images】
バドミントン男子シングルスの桃田賢斗がまさかの1次リーグ敗退【写真:Getty Images】

金メダル候補・桃田が敗退の大波乱

 東京五輪バドミントン男子シングルス1次リーグが28日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた。世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は同38位・許コウ熙(韓国)に15-21、19-21でストレート負けし、1勝1敗の2位で1次リーグ敗退。海外記者は「モモタがKO」と大波乱の衝撃を伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 桃田のまさかの終戦に対し、ツイッター上の海外記者も驚きを隠せないようだ。インドスポーツサイト「The Field」のアシシュ・マゴトラ記者は「Wow.ケント・モモタがKOされる。我々はそれを見ることさえできなかった。信じられない。なんというショックだ! なんという大番狂わせだ!」と投稿。インド拠点のジャーナリスト、ディグビジェイ・シン・デオ氏も「これはジョークではない。ケント・モモタが五輪で敗退する。グループAを突破できず」と報じている。

 世界バドミントン連盟ツイッターは「速報 許コウ熙がケント・モモタをKO」と伝えた。インドメディア「TOI SPORTS」のジャスプリート・シン・サーニ記者は「東京五輪では五輪ならではのことが起きている。ショッキングな幕切れだ」とつづり、バドミントン人気の高いインドにも伝えられた。

 18年9月に世界ランク1位に立つと、19年は国際大会史上最多の年間11勝を挙げた。20年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭い、右眼窩底を骨折。数々の苦難を乗り越えたが、期待された金メダルには届かず。2戦全勝の許が首位で突破した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集