[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4年前の“伝説の選択”から一歩先へ 伊藤鐘史が託す夢「8強に必ず行くマインドで」

9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで1か月を切った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

日本代表の躍進を支えてきた伊藤鐘史氏【写真:Getty Images】
日本代表の躍進を支えてきた伊藤鐘史氏【写真:Getty Images】

ラグビーW杯開幕まで30日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」第11回は前回大会で日本の躍進を支えた伊藤鐘史氏

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会開幕まで1か月を切った。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引し続けてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

 第11回は元日本代表LO伊藤鐘史氏が登場。広瀬俊朗氏、大野均に続く3人目の15年ワールドカップ戦士は、ラインアウトでリーダー役を務め、密集戦でもいぶし銀のプレーで日本代表の躍進を支えてきた。現役を引退して昨季から母校の京産大でFWコーチとして新たな人生をスタートする中で、4年後の後輩たちの進化と8強入りへの課題を語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

 大学ラグビーの夏合宿で賑わう長野・菅平で、栄光の男は学生たちと汗を流す毎日だ。

「大学生って難しいです。トップリーグや日本代表でやっていること、そのまま落とし込めばいいかというと、そうでもない。いろいろと工夫が必要ですね」

 最先端のラグビーを離れて2年目の夏。神戸製鋼のジャージーを脱ぎ、母校での悪戦苦闘が続く中で、桜のジャージーの後輩たちには太鼓判を押す。

「うまくいきすぎて怖いなと思っています。パシフィック・ネーションズ・カップ(PNC)3戦を見ましたが、確実に強くなっている。とくに、自分たちのときから進化しているのは、状況判断の能力です」

1 2 3 4

吉田宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。ワールドカップは1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーワールドカップでの南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かして、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集