[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

聴覚障害の韓国21歳がATP史上初1勝 海外メディアも称賛「歴史的偉業を成し遂げた」

テニスのウィンストンセーラム・オープンは19日、男子シングルス1回戦で聴覚障害を持つイ・ダクヒ(韓国)がヘンリ・ラークソネン(スイス)に7-6、7-1でストレート勝ち。聴覚障害の選手として初となるATPツアー本戦勝利を挙げた。大きな1勝について海外メディアも特集し、「歴史的偉業を成し遂げた」と称賛している。

イ・ダクヒ【写真:Getty Images】
イ・ダクヒ【写真:Getty Images】

イ・ダクヒが聴覚障害選手初のATP本戦初勝利「努力すればなんだってできる」

 テニスのウィンストンセーラム・オープンは19日、男子シングルス1回戦で聴覚障害を持つイ・ダクヒ(韓国)がヘンリ・ラークソネン(スイス)に7-6、7-1でストレート勝ち。聴覚障害の選手として初となるATPツアー本戦勝利を挙げた。大きな1勝について海外メディアも特集し、「歴史的偉業を成し遂げた」と称賛している。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

「聴覚障害のあるイ・ダクヒ選手がATPツアーで歴史的勝利」と見出しを打って特集したのは、ヤフースポーツ英国版だ。記事では、イ・ダクヒの勝利について「ATPツアー本戦で勝利した初の聴覚障害を持ったテニス選手となり、歴史的偉業を成し遂げた」と快挙として取り上げている。

 2歳の時に聴覚障害の診断を受け、現在は手話より読唇術でコミュニケーションを取っているという。試合後、本人は「障害のことをからかわれました。プレーすべきではないと、言われたこともあります。僕にはできるんだと、みんなに証明したかった」と語ったことも伝えている。

 さらに「聴覚障害を抱える人へのメッセージは、弱気にならないでほしいということです。一生懸命、努力をすれば、なんだってできます」との言葉も残したという。世界ランキング212位の21歳。翌日の2回戦で姿を消したが、長い歴史を持つATPツアーにとっても歴史的な1勝となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集