[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫のバキバキ腹筋に「惚れた」と女子悶絶 「三笘の1mm」だけじゃなかったW杯名場面

早いものでスポーツ界も年末年始に突入。記憶に新しいサッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの優勝で幕を閉じた一方、森保一監督が率いる日本代表はドイツ、スペインを破って16強進出を果たし、列島に感動を呼んだ。年末年始で時間を持て余したスポーツファン向けに、日本代表の監督・選手らの話題になった名場面を回顧する。今回は三笘薫。「三笘の1ミリ」と呼ばれたスペイン戦のアシストが注目を集めた一方、試合後に露わになった肉体美が女性ファンを虜にした。

日本代表の三笘薫【写真:Getty Images】
日本代表の三笘薫【写真:Getty Images】

年末年始のスポーツファン向けにW杯で話題になった名場面を回顧「日本代表・三笘薫」

 早いものでスポーツ界も年末年始に突入。記憶に新しいサッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの優勝で幕を閉じた一方、森保一監督が率いる日本代表はドイツ、スペインを破って16強進出を果たし、列島に感動を呼んだ。年末年始で時間を持て余したスポーツファン向けに、日本代表の監督・選手らの話題になった名場面を回顧する。今回は三笘薫。「三笘の1ミリ」と呼ばれたスペイン戦のアシストが注目を集めた一方、試合後に露わになった肉体美が女性ファンを虜にした。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本代表のジョーカーとして欠かせない存在だった。後半から投入され、逆転の森保ジャパンの象徴となった三笘。スペイン戦は左サイドのゴールラインぎりぎりから左足で折り返し、田中碧の決勝弾をアシストした。ラインを割ったかと思われたが、VARの検証により、オンサイドに。この判定は世界の論争を巻き起こしたが、大会の名場面として「三笘の1ミリ」はあらゆる場面で取り上げられ、日本代表の躍進を象徴するワンシーンとなった。

 一方で、今大会は女性人気も急上昇。とりわけ視線を釘付けにしたのは、スペイン戦の試合後。同じブライトン所属のロベルト・サンチェスとユニホームを交換する際、仕上がった肉体美が露わに。日本の中継でも一瞬だけ映り、ツイッター上では女性ファンとみられるアカウントから悶絶した声が続出。「惚れるに決まってる」「腹筋より胸筋にやられました」「思わず目いった」「惚れました」「脱いだらスゴイ」などの声が上がった。

 同じく試合後には、幼馴染でもある田中と2人でピッチに寝転がって抱き合い、歓喜する様子も大きな話題になった。大会後には「素晴らしいチームで闘えて本当に光栄でした。この悔しさを必ず次に繋げます」とインスタグラムにつづり、次回大会への決意を明かしていた三笘。所属するプレミアリーグの再開となる26日はサウサンプトンと対戦する。一気に、世間にその名を知られる存在となった日本のアタッカー。さらなる飛躍に期待が集まる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集