[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本大金星に日本中が「森保さん、ごめんなさい」と掌返しの大合唱「日本代表舐めてました」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。采配を的中させた森保一監督に、ネット上が“謝罪”する展開となった。

ドイツを撃破し、笑顔の森保監督【写真:ロイター】
ドイツを撃破し、笑顔の森保監督【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。采配を的中させた森保一監督に、ネット上が“謝罪”する展開となった。

【特集】3種目で日本記録保持 女子中長距離のエースが「挑戦」を続ける理由 / 陸上・田中希実選手インタビュー(GROWINGへ)

 最高の形でW杯初戦をものにした。前半、GK権田が相手を倒してPKを献上し、1点を先取された日本。後半に入ると、森保監督は積極的に選手交代。すると後半30分、左サイドから三笘が切り込み、スルーパスに南野が反応。中央に折り返したボールをGKノイアーが弾くが、これに堂安が反応。冷静に左足で押し込み、同点ゴールで歓喜を爆発させた。

 さらにその8分後、自陣からのFKから板倉がロングボールを送ると、抜け出した浅野がスピードに乗った。ペナルティエリア右まで運び、角度のないところからシュート。これがニアサイドに決まり、逆転に成功。歓喜の試合後、森保監督は中継インタビューで「選手、スタッフ一丸となって、粘り強く戦おうというのが勝利に繋がった」と語った。

 これまで批判に晒されることが多かった森保監督に対し、ツイッター上では「森保さん、ごめんなさい」の大合唱。「さあ皆さんご一緒に」「まず言いたいこと」「日本代表舐めてました」「もう悪くいません」「システム変更はまってました」「日本最高!」などの声が上がり、掌返しの“謝罪”する人が続出した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集