[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙する渋野日向子と2度のハグ 復活Vを最初に祝福したペ・ソンウ「最善尽くそうと…」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの優勝を果たした。プレーオフで優勝が決まった瞬間は涙が溢れ、両手で顔を覆っていたが、最初に祝福のハグを交わしたのは2位になったペ・ソンウ(韓国)だった。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

スタンレーレディスで涙した渋野、2位ぺ・ソンウが抱擁で称える

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの優勝を果たした。プレーオフで優勝が決まった瞬間は涙が溢れ、両手で顔を覆っていたが、最初に祝福のハグを交わしたのは2位になったペ・ソンウ(韓国)だった。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 涙の勝者を称えた。プレーオフの2ホール目、ペ・ソンウがバーディーパットを外し、渋野の優勝が決定。顔を手で覆い、感極まった様子を見せた。そこへ歩み寄ったのは、優勝を逃したペ・ソンウ。渋野とハグを交わし、言葉をかけると、もう一度渋野の肩を抱くようにして祝福した。

 通算10アンダーで並んだ4人によるプレーオフ。心温まるシーンを生み出したペ・ソンウは、ホールアウト後に「プレーオフはバーディーを取らないと次がないので、そこを決めなきゃいけない気持ち、最善を尽くそうと勝負しました」「今回は2位になってしまいましたが、来週に向けて頑張りますので皆さん応援お願いします」などとコメントを残している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集