[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「守備妨害じゃないならギャグだ」 元DeNAグリエルを巻き込む“災難”に米ファン困惑

米大リーグはポストシーズンに突入している。10日(日本時間11日)の地区シリーズ・ホワイトソックス―アストロズ戦で、アストロズが思わぬ失点を喫した。一ゴロを処理したユリエスキ・グリエルが得点を阻止しようと本塁へ送球。ホワイトソックスの打者走者ヤスマニ・グランダルにボールが当たってボールが逸れてしまったが、得点は認められた。米ファンからは「守備妨害じゃないならギャグだ」などと困惑の声があがっている。

ホワイトソックスのヤスマニ・グランダル【写真:AP】
ホワイトソックスのヤスマニ・グランダル【写真:AP】

アストロズ・グリエルの送球が打者走者に直撃、失策と記録される

 米大リーグはポストシーズンに突入している。10日(日本時間11日)の地区シリーズ・ホワイトソックス―アストロズ戦で、アストロズが思わぬ失点を喫した。一ゴロを処理したユリエスキ・グリエルが得点を阻止しようと本塁へ送球。ホワイトソックスの打者走者ヤスマニ・グランダルにボールが当たってボールが逸れてしまったが、得点は認められた。米ファンからは「守備妨害じゃないならギャグだ」などと困惑の声があがっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 ホワイトソックスが1点を勝ち越した4回、なおも無死一、三塁の場面。グランダルが一ゴロを放った。一塁手グリエルは捕球すると、すぐさま本塁へ送球。すると、一塁線よりかなり内側を走っていたグランダルの左肩付近にボールが当たってしまった。

 送球は逸れ、捕手は捕球できず。三塁走者はヘッドスライディングで生還した。アストロズは守備妨害を主張して猛抗議。審判団が協議したが、結局判定は変わらず。グリエルには失策が付いてしまった。試合は勢いづいたホワイトソックスが12-6で勝利している。

 実際の映像を米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが公開。DeNAでもプレーしたグリエルを巻き込んだ災難について「グランダルは守備妨害だと思う?」と文面でフォロワーに投げかけた。

 グランダルに送球が当たったのはスリーフットレーンの手前だが、左打者にもかかわらず、内側を走りすぎているとも感じた様子の米ファンからは「守備妨害じゃないならギャグ」「凄いシンプルなルールだと思うんだけど」「ベースラインのはるか内側」「なぜこれがクエスチョンになるんだ?」「絶対に守備妨害」「これは恥ずかしい」「ジョークだ」「ルールを学び直す必要がある」などと反響が寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集