[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 奥原や「タカマツ」組に続く勢力多数、ライバル対決も注目 ヨネックスOP女子編

奥原や「タカマツ」組に続く勢力多数、ライバル対決も注目 ヨネックスOP女子編

最高レベルの国際バドミントン大会「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」が、20日から東京体育館で本選の戦いの火蓋が切って落とされる。

世界選手権でシングルス日本人初優勝を果たした奥原が今大会の目玉選手

 最高レベルの国際バドミントン大会「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」が、20日から東京体育館で本選の戦いの火蓋が切って落とされる。

 年間12大会で構成される最も格付けの高いBWF(国際バドミントン連盟)スーパーシリーズの第8戦で、世界トップレベルの戦いが間近で見られる国内唯一の大会だ。「ヨネックスオープンジャパン」の名前で親しまれて来たが、今年からダイハツが新たにスポンサーとして参画。大会名の変更に、国内におけるバドミントン日本代表への注目度向上の影響が見てとれる。

 世界における日本バドミントンの存在感は、大きく変わりつつある。中堅国として強豪国に挑む立ち位置にあったのは、もう過去の話だ。今では堂々と優勝を争うだけでなく、選手層の厚さにおいても強豪国と比肩するか上回るかという勢いを見せている。

 実際、日本は次々に歴史を塗り替えていて勢いがある。特に、女子勢の活躍は目覚ましい。例えば、シングルスでは奥原希望(日本ユニシス)が代表格だ。驚異的なフットワークと勝ち気なメンタルが特長で、昨夏にはリオデジャネイロ五輪で3位となり、シングルスでは男女を通じて初となる五輪メダリストになった。そして、今年8月に行われた世界選手権で日本人初優勝。今大会の目玉となる選手だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー