[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界トップクラスに成長したダブルスの園田、嘉村組に注目 ヨネックスOP男子編

日本バドミントン界は女子勢の活躍が目立つが、男子も世界のトップで戦える力が付いてきた。20日から東京体育館で本戦が行われるBWF(国際バドミントン連盟)スーパーシリーズ第8戦、「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」では、日本の男子ダブルスが注目ポイントとなる。

精度を重視した組み立てに着手…世界のトップに台頭した園田、嘉村組に要注目

 日本バドミントン界は女子勢の活躍が目立つが、男子も世界のトップで戦える力が付いてきた。20日から東京体育館で本戦が行われるBWF(国際バドミントン連盟)スーパーシリーズ第8戦、「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」では、日本の男子ダブルスが注目ポイントとなる。

 男子ダブルスは、最もスピード感のある試合が展開されるため、事前情報や知識がなくても見て楽しむことができる。種目の醍醐味とも言えるスピードラリーを得意とするのが、成長著しい日本の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)だ。ネットすれすれをシャトルが高速で行き交うラリーで相手に打ち勝つことが、長らく彼らのスタイルだった。ただ、国内ではリオデジャネイロ五輪に出場した早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)組に続く2番手のポジションから抜け出せず、なかなか世界の第一線に届かなかった。

 しかし、昨年の五輪出場を逃したことを機に、高速ラリーだけに頼らず、精度を重視した試合の組み立てに着手。選手の引退などによって世界の勢力図が大きく変わる中、一気に世界のトップに台頭することに成功した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集