[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コストルナヤは4回転を跳ぶべき フリーで大逆転許し露識者提言「勝つために必要だ」

シェルバコワに負けないために…「4回転ジャンプを学ぶ必要がある」

「コストルナヤが優勝するチャンスがあったかですって? リンクは滑りやすく、誰かは4回転ジャンプで転倒し、誰かは転倒しません。そしてそれをきれいに跳べた人が1位になります。アンナ・シェルバコワは2度の4回転ルッツのほかに4回転フリップも跳んだ。彼女はこのようにロシア選手権にアプローチしました。彼女の技術点はとても高かった」とシェルバコワを称えた上で、こう続けた。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

「アリョーナはすべてをやりました、偉かった。彼女に文句をつけるところはありません。しかし、おそらくこれは彼女にとって4回転ジャンプを学ぶ必要があるという合図のベルでしょう、それを跳ぶことができれば勝てるという。コストルナヤはとても僅差で敗れました、彼女はとても素晴らしく滑っているし、見事です。でも勝つためには4回転ジャンプを跳ぶ必要がある、彼女が来年これをすることを私が保証します」と4回転取得のススメを強く訴えている。

 今季台頭したロシアの天才3人娘の中で唯一、4回転を跳ばないコストルナヤ。3回転アクセルや表現力、美しいスケーティングには定評があるが、4回転ジャンパーのシェルバコワやトルソワが完璧な演技をしたならばどうしても技術点で劣ってしまう。ならば同じ土俵に立つべき――。ブッテルスカヤ氏はこう主張している。

 来年の欧州選手権、世界選手権で新たに4回転を跳ぶことになるのか。3人娘の異次元バトルはさらに加速していきそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集