[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2階級制覇デービス、ロマチェンコと統一戦可能性は… 陣営「スターとして画面映る」

ボクシングのWBA世界ライト級正規王座決定戦が28日(日本時間29日)に行われ、同級1位の超新星ガーボンタ・デービス(米国)が同級2位ユリオルキス・ガンボア(キューバ)を12回TKO勝ち。スーパーフェザー級に続き、2階級制覇を達成した。試合後の会見で喜びを語っている。

ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】
ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】

デービスが強敵ガンボアからダウン3度で2階級制覇「強力なパンチを打てた」

 ボクシングのWBA世界ライト級正規王座決定戦が28日(日本時間29日)に行われ、同級1位の超新星ガーボンタ・デービス(米国)が同級2位ユリオルキス・ガンボア(キューバ)を12回TKO勝ち。スーパーフェザー級に続き、2階級制覇を達成した。試合後の会見で喜びを語っている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 2回にダッキングで上体をかがめた相手に左フックをお見舞い。ダウンを先取すると、8回には左フックで豪快にマットに沈めた。しかし、粘るガンボアに苦戦。元フェザー級2団体統一王者に対し、終始優勢に進めながら決め手を欠いたが、最終12回にラッシュから最後は左アッパーで3度目のダウンを奪った。尻もちをついたガンボアにレフェリーストップ。デービスが世界王座に返り咲いた。

 元5階級王者フロイド・メイウェザー氏が手掛ける「メイウェザー・プロモーションズ」に所属する25歳。同社は公式ツイッターで試合後の会見映像を公開し、新王者のコメントをこう紹介している。

「彼に強力なパンチを打てたと思っている。そして未だに彼は俺にとってタフな相手だと思っている。彼はダメージを受けていたけど、ダウンしなかった。俺は彼を疲れさせるために、ジャブを打っていた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集