[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗、4回TKO勝ちでV7「やったぜぃ~!」 具志堅用高の日本記録V13へ前進

ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチでは王者・寺地拳四朗(BMB)が同級12位ランディ・ペタルコリン(フィリピン)に4回TKO勝ち。同級の世界戦では、日本人歴代2位タイとなる7度目の防衛に成功した。

4回TKO勝ちで7度目の防衛に成功した寺地拳四朗【写真:荒川祐史】
4回TKO勝ちで7度目の防衛に成功した寺地拳四朗【写真:荒川祐史】

リングネーム改名後初戦、対戦相手急遽変更も元WBA暫定王者撃破

 ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチでは王者・寺地拳四朗(BMB)が同級12位ランディ・ペタルコリン(フィリピン)に4回TKO勝ち。同級の世界戦では、日本人歴代2位タイとなる7度目の防衛に成功した。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 拳四朗改め、寺地が貫録の違いを見せつけた。1回はサウスポーの挑戦者との距離を測るような静かな立ち上がり。2回は被弾するようなシーンもあったが、大きく動いたのは3回だ。じわじわと圧力をかけ、ロープに詰めてボディーを効かせると、中盤に右のボディーで膝をつかせる。続けて右ボディーで2度目のダウン。終了間際に3度目ダウンを奪った。

 挑戦者も驚異の粘りをみせ立ち上がったが、4回の前半にボディーで4度目のダウンを奪うと、もう立ち上がれない。レフェリーが試合を止めた。4度のダウン全てボディーブローで奪う、圧巻の4回TKO劇だった。

 7月に日本人世界王者では現役最多6戦連続の防衛を成し遂げていた27歳。リングネームを「拳四朗」から本名に変更して臨んだ一戦でV7を達成した。同級では元WBA王者・具志堅用高氏のV13に次ぎ、歴代2位タイ。元WBAスーパー&IBF統一王者・田口良一氏に並ぶ快挙となった。

 リング上のインタビューでは「やったぜぃ~!」と歓喜の雄たけび。「1ラウンド目か2ラウンド目にボディーストレートが効いたと感じた。そこから左ジャブを散らしながら行けた」と試合を振り返った上で「(相手が)まさか3回も立つと思わなくて『まだあんのかい!』と思った。結果、勝てたのでよかったです」と茶目っ気たっぷりに語った。

 当初はIBF王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)との統一戦を予定していたが、アルバラードが急性気管支炎となり中止に。11月22日に対戦相手が正統派サウスポーのペタルコリンと発表された。対戦相手変更については「1日は『くそー』と思ったけど、引きずるタイプじゃない。調整して問題なく行けた」と試合に集中してきた。

 改名初戦となった一戦で圧巻の勝利。「KOで締めくくれた。左をちょいちょいもらったので反省はあるけど、仕留められたので、自分を褒めたい」と自賛し、具志堅氏のV13まであと「6」に。「折り返しとか、そこまでは気にしていない。一戦一戦いけば13回いける自信ある。13回防衛するところを見てください。絶対に見せます!」と誓った。

 今後については「統一戦が流れたけど、来年くらいにあったらなと思う。防衛の回数とベルトを増やすのを目標にやりたい」と意気込んだ。他団体王者との統一戦を狙いながら、具志堅氏のV13を目指す。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集