[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

未来の桜の戦士がズラリ 明大は有望株揃い、逸材の早大主将… 大学選手権の注目選手

168センチの天理大FL岡山主将(右端はSH藤原)【写真:出村謙知】
168センチの天理大FL岡山主将(右端はSH藤原)【写真:出村謙知】

早大の齋藤主将はサンウルブズのスコッド入りを果たした逸材

 大阪・東大阪市花園ラグビー場で準々決勝を戦うチームにも、当然U20組は多数いる。第1試合で日大と対戦する早大のSH齋藤直人主将(4年)はすでに日本代表スコッドにも選ばれたことのある逸材。スーパーラグビーのサンウルブズの2020年スコッド入りも決まっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 U20代表としても2016年のチャンピオンシップでプレーし、今年のジュニア・ジャパンにもオーバーエイジ組として参加している。

 水間氏は、主将を務める齋藤こそ「早稲田が勝ち上がっていくためのキーマン」だと断言する。

「球さばきとスピードとパスの速さ。サポートのコースもいい。あとは、相手チームにとっての脅威になれるかどうか。パスマシーン、サポートだけでは物足りない。キャプテンなのがどうでるか。本人としては、もっといろいろトライしていていきたいけど、チーム全体で80分間戦うということを考えて、押し殺しているのかもしれない」

 齋藤主将とハーフ団を形成するSO岸岡智樹(4年)は17年のワールドトロフィー組。また、NO8丸尾崇真(3年)、CTB長田智樹(2年)FB河瀬諒介(2年)は揃って、今年のトロフィーでは主力として活躍した。

 また、1年生ながらすでにレギュラーポジションを確保したかっこうのFL相良昌彦は、父親である早大・相良南海夫監督譲りとも言える「とにかく体を張る」プレーぶりで、来季のU20代表の有力株として水間氏も注目するティーンエイジャーだ。

 今年こそ、悲願の大学日本一を狙い、第2試合で流経大を迎え撃つ天理大の岡山仙治主将(4年)は昨年のチャンピオンシップ時のU20代表主将。

 168センチながら攻守にアグレシッブにプレーし続ける姿はすでに全国区でもあるだろう。

「小さな体を張って、タックルに、ボールキャリーに、責任あるプレーをし続ける。キャプテンシーも申し分ない」と山神氏も絶讃する正しきブレイブ・ブロッサムを体現し続けていると言っていい存在だ。

 また、天理大には岡山と一緒に昨年のチャンピオンシップでプレーしたLO/NO8アシベリ・モアラ(2年)、SH藤原忍(3年)、CTBシオサイア・フィフィタ(3年)もいる。

 3人と揃って、相手にとっては脅威になる存在だけに、岡山主将以上に初の大学選手権制覇へのキーマンかもしれない。

 尚、昨年7月ブラジルで行われた「ワールドラグビーU20トロフィー」で優勝した日本は世界一を争う「ワールドラグビーU20チャンピオンシップ」に昇格。来年は世界トップ12か国の中で戦うことになる。

(出村 謙知 / Kenji Demura)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集