[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

未来の桜の戦士がズラリ 明大は有望株揃い、逸材の早大主将… 大学選手権の注目選手

サンウルブズ入りも発表された早大SH齋藤主将【写真:出村謙知】
サンウルブズ入りも発表された早大SH齋藤主将【写真:出村謙知】

東海大の眞野主将はキャプテンシー十分

 一方、前述した眞野主将が率いる東海大(関東リーグ戦1)は同・第1試合に登場。3回戦で関西の雄、同大に48-17と大勝した筑波大(関東対抗戦4)が相手となる。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

「本人はFWをやりたいようだが、BKでも攻守に体を張り続ける頼りになる存在。U20ではキャプテンながら最後の試合に出られず、悔しい思いもしたが、大学でも順調に成長している」

 山神氏がそう指摘するとおり、FWとしても通用する強いプレーができるのが一番の特徴。もちろん、キャプテンシーも十分だ。

 一方で、東海大の司令塔を務めるSO丸山凛太朗(2年)は怪我のため今年のU20トロフィーは不参加となったが、元々はU20ジャパンでも司令塔を務めることが想定されていた逸材。

「ゲインライン近くで仕掛けられるし、スペースを活かすキックもいい。タックルも外されること少なく、ひざ下に入っていける」

 U20メンバーも含むジュニア・ジャパンが行った5月のフィジー遠征で大きく成長したというのが水間氏の見解。

 東海大には、他にも18年にU20チャンピオンシップで不動の2番として活躍したHO新井望友(4年)、17年のU20トロフィーに出場したSH山菅一史(4年)、松山とともに今年のジュニア・ジャパンに加わった190センチ、105キロの“和製ロムー”WTB望月裕貴(2年)など、U20代表やジュニア・ジャパンで活躍した選手たちが多い。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集