[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワの若すぎる世代交代 年齢制限変更をタラソワ氏提言「15、16歳は別に競技を」

母国で活動休止を報じられていたフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)。15日に自身のインスタグラムで活動休止や引退を否定したが、17歳の若さで世代交代を突きつけられている。国内外をにぎわせているなか、名コーチのタチアナ・タラソワ氏はフィギュアスケート界の年齢制限引き上げを提言。ロシアメディア「championat.com」が伝えている。

ザギトワ、コストルナヤ、シェルバコワ、トルソワ(左上から時計回りに)【写真:Getty images・AP】
ザギトワ、コストルナヤ、シェルバコワ、トルソワ(左上から時計回りに)【写真:Getty images・AP】

17歳ザギトワに世代交代の波、タラソワ氏「シニアは17、18歳からにすべき」

 母国で活動休止を報じられていたフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)。15日に自身のインスタグラムで活動休止や引退を否定したが、17歳の若さで世代交代を突きつけられている。国内外をにぎわせているなか、名コーチのタチアナ・タラソワ氏はフィギュアスケート界の年齢制限引き上げを提言。ロシアメディア「championat.com」が伝えている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 フィギュアスケート界では、15歳のアレクサンドラ・トルソワとアンナ・シェルバコワ、16歳のアリョーナ・コストルナヤというロシアの天才少女3人が台頭。低年齢化が進み、ザギトワは押し出されるように活躍の場を失った。同メディアは「タラソワ氏がフィギュアスケートの年齢制限引き上げに賛成の発言をした」との見出しで報じている。

 これまで度々議論されてきた話題。現行の規定では、前年の7月1日時点で15歳になっていればシニアの大会に出られる。しかし、ロシアの重鎮タラソワ氏は年齢制限の設定について「私が思うに、年齢制限を引き上げる必要があります。シニアは17、18歳からにすべきです。中間の年齢である15、16歳は別に競技するべき」と語ったという。

 17歳の若さにも関わらず、世代交代の波が押し寄せるザギトワ。タラソワ氏は年齢制限引き上げについて「そうすれば、私たちは全ての人より優勢であるし、それぞれのカテゴリーの試合で勝てるでしょう」と説明。続けて「私たちのスポーツ(フィギュアスケート)は、今より長期にわたるものになるでしょう」と、年齢制限が変わればフィギュアスケートにおける選手寿命がより長くなると説いている。

 天才少女たちの出現により、活躍の場を失ったザギトワ。「引退することは、一切考えていません」と引退を否定し、「今もなお、ロシア代表の一員」と競技継続を明言したが、今回の一件はルールに影響を与えるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集