[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2019】ダルビッシュ、1球で3人を直撃 “159キロの悲劇”に米笑撃「ボウリングをするべき」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が4月15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦で演じた“1人3殺”の衝撃シーンだ。打者を直撃、そして跳ね返りが審判にも直撃。さらに手前の捕手にも直撃するという、“1球で3死球”状態に。海外メディアは続々動画を公開。ファンからは「ボウリングをするべき」「なんでこんなに面白いんだ」などと反響のコメントが続々と寄せられた。

ダルビッシュ有【写真:Getty images】
ダルビッシュ有【写真:Getty images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―4月にダルビッシュが演じた“1球で3死球”の衝撃シーンに反響続々

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が4月15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦で演じた“1人3殺”の衝撃シーンだ。打者を直撃、そして跳ね返りが審判にも直撃。さらに手前の捕手にも直撃するという、“1球で3死球”状態に。海外メディアは続々動画を公開。ファンからは「ボウリングをするべき」「なんでこんなに面白いんだ」などと反響のコメントが続々と寄せられた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 6回途中2失点、8Kと快投を見せたダルビッシュだが、反響を呼んでいるのは最後の1球だ。6回2死で右打席にはブリンソン。右腕が投じた99マイルは内角へ外れ、踏み込んできたブリンソンの右太ももあたりに当たった。死球だが、ここからが“本番”だった。

 軌道が変わったボールは球審の首を直撃。そして跳ね返って、捕手のコントレラスの背中にも当たったのだ。1球で3人を直撃するまさかの展開となった。

 この1球を最後に降板となったが、見事に勝利投手となったダルビッシュ。ヤフースポーツ、米誌「スポーツイラストレイテッド」など複数の米メディアが公式ツイッターでこのシーンを動画を公開するなど、現地では“バズり”状態に。ファンにも笑撃が広がった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集