[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4連覇女王・植草歩を撃破 下剋上Vの23歳齊藤綾夏が涙「歩先輩をずっと追ってきた」

東京五輪で新採用される空手の全日本選手権男女個人戦が8日、群馬・高崎市の高崎アリーナで行われ、女子組手は齊藤綾夏(AGP)が初優勝した。68キロ超級で2016年世界選手権金メダルの植草歩(JAL)に決勝で6-4の逆転勝ち。4連覇中だった絶対女王を下し、体重無差別で行われる日本一決定戦を制した。東京五輪金メダルを期待される植草は、悔し涙を流した。

表彰式で笑みを見せる齊藤(中央)【写真:浜田洋平】
表彰式で笑みを見せる齊藤(中央)【写真:浜田洋平】

4連覇中の絶対女王・植草歩に上段蹴り一閃で初優勝

 東京五輪で新採用される空手の全日本選手権男女個人戦が8日、群馬・高崎市の高崎アリーナで行われ、女子組手は齊藤綾夏(AGP)が初優勝した。68キロ超級で2016年世界選手権金メダルの植草歩(JAL)に決勝で6-4の逆転勝ち。4連覇中だった絶対女王を下し、体重無差別で行われる日本一決定戦を制した。東京五輪金メダルを期待される植草は、悔し涙を流した。

【特集】オリンピック2連覇を目指す体操男子 日本代表監督が大切にする論理的思考 / 体操・水鳥寿思インタビュー(GROWINGへ)

 女王の意表を突く蹴りだった。1点を先取されて迎えた残り1分35秒。クリンチ気味に接近した齊藤は、植草の頭部に蹴りを入れた。上段への蹴りは3ポイント。番狂わせの予感に会場が沸く。果敢に突きで反撃を試みる相手にカウンターなどで応戦した。着実にポイントを重ね、6-4で勝利。憧れの存在を倒して見せた。

 直後のインタビューで感想を問われても「ちょっとわかんないです」と涙。「ずっと歩先輩を追ってきて、なかなか越えられなかったですけど、この舞台で越えられてよかったです」と喜んだ。勝利を手繰り寄せた蹴りは「狙ってなかったです。体が勝手に動いた」と説明し、植草の反撃については「2年前にラストでやられてしまったので。途中で気持ちが下がっちゃうところあったけど、みんなの応援のおかげで踏ん張ることできた」と感謝した。

「絶対に勝つって気持ちで臨んだけど、勝ってみるとフワフワして実感がわかない。みんなの拍手、おめでとうが聞こえて優勝したんやって思いました。なかなか越えられなかった壁だったので、ホッとして涙が出ました」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集