[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、次なる怪物の“餌食”は誰になるのか 強すぎて難航の可能性も?

井上尚弥、次なる怪物の“餌食”は誰になるのか 強すぎて難航の可能性も?

ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)を下し、6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で圧巻のTKO勝ちを収め、世界に衝撃を与えた24歳だが、注目されるのは今後の戦いの行方だ。

衝撃米デビューで注目は次戦の相手、アンカハスか、ソールンビサイか…

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)を下し、6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で圧巻のTKO勝ちを収め、世界に衝撃を与えた24歳だが、注目されるのは今後の戦いの行方だ。

 完全無欠のモンスターは誰を次の“餌食”にするのか。圧倒的な勝利を演じた今、ファンの視線はこの一点に集中している。

 期待されるのは、スーパーフライ級での統一戦だ。4人いる王者のうち、有力なのはIBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)か。7月に帝里木下(千里馬神戸)を7回TKO勝ちで下し、2度目の防衛に成功。英雄マニー・パッキャオと同じプロモーションズ所属の25歳は格好の相手だ。

 しかし、最も望まれる相手は、井上と同じ日にWBCスーパーフライ級タイトルマッチを制したシーサケット・ソールンビサイ(タイ)だろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー