[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、「12.95点」差からの猛追へ 伊紙も期待、フリーでは「星が輝くように…」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日に運命の男子フリーが行われる。ショートプログラム(SP)で2位の五輪連覇王者の羽生結弦(ANA)と、首位ネイサン・チェン(米国)との差は12.95点。奇跡の大逆転を目指す。開催地のイタリアメディアではSPを振り返り、日本人ファンの熱狂ぶりを伝えている。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

羽生フィーバーをレポート「日本人の熱狂で、トリノは興奮に包まれている」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日に運命の男子フリーが行われる。ショートプログラム(SP)で2位の五輪連覇王者の羽生結弦(ANA)と、首位ネイサン・チェン(米国)との差は12.95点。奇跡の大逆転を目指す。開催地のイタリアメディアではSPを振り返り、日本人ファンの熱狂ぶりを伝えている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 羽生は最後のジャンプで着氷が乱れ、完璧な演技だった首位チェンには差がつけられた。だが、現地では日本人ファンからの熱い声援が飛んだSPの様子を、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」ではこうレポートしている。

「日本人の熱狂で、トリノは興奮に包まれている。明日25歳になるユヅル・ハニュウのファンたちでいっぱいだ。ハニュウはGPファイナルのカバー・キャラクターとなっている人物だ」

 さらに記事では羽生が2度の五輪王者に輝いたことに触れつつ、チェンとのライバル対決にもフォーカス。チェンが平昌五輪で5位になって以降は、一度も負けていないことも紹介している。

 そのうえで「ユヅル・ハニュウはコンビネーションを欠き、追いかけなければならない状況に立たされている。フリーは明日行われる。彼の滑りは、星が輝くように煌びやかだろう」と独特の表現でフリーの演技に期待をかけていた。

 2017年の世界選手権では10.66点差を大逆転したこともある。フリーでの魂の演技を誰もが待っている。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集