[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太に挑むバトラー KO率80%の強打者は自信「今は私の時代。一生をかけて臨む」

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)の初防衛戦は12月23日(横浜アリーナ)、同9位のスティーブン・バトラー(カナダ)を相手にゴングが鳴る。バトラーは初の世界戦を前に「今は私の時代だ。一生をかけて臨む」と語ったという。カナダ地元紙の「ナショナルポスト」が報じている。

村田諒太【写真:Getty images】
村田諒太【写真:Getty images】

トレーナーも太鼓判「人生最高の状態」

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)の初防衛戦は12月23日(横浜アリーナ)、同9位のスティーブン・バトラー(カナダ)を相手にゴングが鳴る。バトラーは初の世界戦を前に「今は私の時代だ。一生をかけて臨む」と語ったという。カナダ地元紙の「ナショナルポスト」が報じている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 24歳のバトラーは30戦28勝(うち24KO)1敗1分け。「Bang Bang」(バンバン)と呼ばれる通り、次々とパンチを繰り出すハードパンチャーは、記事によると並々ならない決意を語っているという。

「今は私の時代だ。私は若く飢えたトラなんだ。彼(村田)のスタイルとパワーは知らない。だが自分のパワーとスタイルは知っている。10週間ぶっ続けでトレーニングしてきたがこれは人生一生分の努力だ。一生をかけてこの試合に臨むんだ」

 現地時間5日のメディア公開では、「私は格下として乗り込むが、実際はそうじゃない」と強調したという。KO率80%の自信からか、王者との一戦を目前にしても強気を貫いているようだ。

 トレーナーを務めるフランソワ・バージェロン氏も、「彼は人生で最高の状態にある。ムラタは驚くと思う」と仕上がりの良さを認めている。記事によれば、同7日に日本に向けて出発するというバトラー。大一番に向けて着々と準備を進めているようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集