[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

同組で感じた渋野日向子の凄み 元女王イ・ボミが「羨ましかった」と感じた理由

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は5バーディー、4ボギーの71で回り、通算5アンダーで2打差の3位につけた。同組で回った2015、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)は7バーディー、4ボギーの69で回り、7アンダーで単独首位に浮上。元女王は、1か月半ぶり2度目の同組となった21歳の凄さを体感した。

渋野日向子(右)とイ・ボミ【写真:荒川祐史】
渋野日向子(右)とイ・ボミ【写真:荒川祐史】

渋野日向子を2年連続賞金女王のイ・ボミが絶賛「ミスを考えない感じがある」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は5バーディー、4ボギーの71で回り、通算5アンダーで2打差の3位につけた。同組で回った2015、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)は7バーディー、4ボギーの69で回り、7アンダーで単独首位に浮上。元女王は、1か月半ぶり2度目の同組となった21歳の凄さを体感した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 笑顔が咲き乱れた。渋野とボミ。好感度抜群の2人が回り、8664人のギャラリーが魅了された。結果はボミが3つ伸ばして7アンダー単独首位。渋野は71にとどまり2打差の3位となった。賞金女王争いを演じる21歳。2度の栄冠を手にした元女王のボミは、会見で渋野から感じたことを問われると、数秒間考えこんだ後、手放しで称賛した。

「凄くドライバーも悩みがなく打つ。そういうショットが羨ましかった。もちろんミスもあるけど、自分のスイングとか距離に集中して打つ姿。ミスを考えない感じがある。ボミはあっち(に打って)はダメとか、それが意識に入るからショットのミスがある。それが渋野さんのいいところかな。パッティングも凄く上手」

 一つミスが出れば、イメージが残って次の1打に影響する。悪い姿をどれだけ払拭しながら、18ホールを回れるかがゴルフに置いて大事な要素の一つとされる。間近でラウンドした中で、ボミは渋野のバウンスバック率(ボギー以下となった直後のホールでバーディー以上を奪う確率)の高い理由を感じ取った。賞金女王争いの重圧の中で、ミスを恐れずにプレーする思い切りの良さがあったのだろう。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集