[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「なっさけねぇなぁ」と怒った理由 同じ4パット、快挙全英との違いとは

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は28日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で開幕した。前週に国内4勝目を挙げた賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は、1イーグル、1バーディー、1ボギーの2アンダーで3位発進。賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)はイーブンパーの10位、賞金2位の申ジエ(韓国)は3オーバーの26位とし、5アンダーのテレサ・ルー(台湾)が首位発進した。渋野は逆転賞金女王の懸かる最終戦。自ら弱さに気づき、優勝を狙う。

首位と3打差の3位発進となった渋野日向子【写真:荒川祐史】
首位と3打差の3位発進となった渋野日向子【写真:荒川祐史】

逆転賞金女王のかかる最終戦、4パットに「もうもうもうもう、燃え上がってました」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は28日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で開幕した。前週に国内4勝目を挙げた賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は、1イーグル、1バーディー、1ボギーの2アンダーで3位発進。賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)はイーブンパーの10位、賞金2位の申ジエ(韓国)は3オーバーの26位とし、5アンダーのテレサ・ルー(台湾)が首位発進した。渋野は逆転賞金女王の懸かる最終戦。自ら弱さに気づき、優勝を狙う。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 注目の賞金女王争い。全英女子オープン女王は、ちびっ子ファンの「渋野ちゃん、ファイトー!」の声援を受けてスタートした。1番をパーで終えると。2番パー5は第1打をフェアウェーの真ん中へ。第2打は左ラフに曲げたものの、第3打はピン手前7メートルに乗せて2パットとした。約1メートルのパーパットはカップの左端からギリギリ入り、ファンのどよめきとともに苦笑い。その後も風でショットに苦しみながらもパーを並べた。

 9番パー5で怒りがこみ上げた。2オンしたが、残り10メートルほどだった下りのイーグルパットはカップまで約2メートル届かず。バーディパットは1メートルオーバーした。返しのパーパットも「しっかり外しました」と苦笑い。4パットのボギーを叩いた。

「気持ち的には怒ってはいましたけど、11番のパー5でしっかり狙えるホールだったのでそこで取り返すしかないと思って、ある程度切り替えてできました」

 痛恨の4パット。思い出したのは快挙を成し遂げた全英だった。優勝争い真っただ中の最終日、3番で4パットのダブルボギー。誰もが優勝を諦めかけたシーンだったが、そこから巻き返して優勝をかっさらった。この日も「あの時より1打いいわと思って(笑)」とプラス思考でカムバック。しかし、同じ4パットでも本人の感覚では大きな違いがあったという。

「全英は強気で打って4パット。今回は弱気で4パットだったので『なっさけねぇなぁ』って思っていた(笑)。どうせならもっとオーバーさせるとか、イーグルパットを入れるつもりで打てばいいのに、凄いショートしちゃった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集