[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁15得点、NBA開幕1か月の節目に躍動「世界トップでプレーできて学んでいる」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が22日(日本時間23日)の本拠地ホーネッツ戦に開幕13試合連続でスタメン出場、マジック戦に続く今季2度目の東カンファレンス南東地区のチームを相手に、2戦連続2桁得点となる15得点、2リバウンド、2スティールをマーク。出場時間は21分20秒だった。チームは125-118で逆転勝ち、今季初の連勝を飾った。

八村塁(右)【写真:AP通信】
八村塁(右)【写真:AP通信】

チームは初の連勝「ケミストリーが増えて仲間を分かり合えてきている」

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が22日(日本時間23日)の本拠地ホーネッツ戦に開幕13試合連続でスタメン出場、マジック戦に続く今季2度目の東カンファレンス南東地区のチームを相手に、2戦連続2桁得点となる15得点、2リバウンド、2スティールをマーク。出場時間は21分20秒だった。チームは125-118で逆転勝ち、今季初の連勝を飾った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 八村が“神様”マイケル・ジョーダンがオーナーを務めるホーネッツを相手に存在感を発揮した。同地区対決となった一戦、今年のドラフトでホーネッツから全体12位指名を受けたルーキーのPJ・ワシントンとマッチアップ。同期選手に対して意地を見せ、前半で7得点。後半も8得点と着実にスコアを伸ばした。

 チームは第4クォーター(Q)残り9分25秒で13点差をつけられたが、そこから怒涛の追い上げでひっくり返し、本拠地で大逆転勝ち。地元ファンを盛り上げた。すでに八村はベンチに下がっていたが、今季初の連勝に喜びもひとしおだ。「この試合は勝ちたかった。ずっと連勝してなかったので、これがチャンスと思って僕らも気合い入れて入った」と振り返り、笑みをこぼした。

「僕らもシーズン初めは良くなかったけど、ちょっとずつ勝っていって、チームの状態も良くなっていく。これから上げていきたい」と笑顔。「試合でも練習でも、チームにケミストリーがどんどん増えて、どういうプレーを仲間がしたのか嫌なのかもわかるし、ちょっとずつ仲間を分かり合えてきている気がする。そこが勝ちにつながっている」とチームの成熟ぶりを強調した。

 この日でちょうど開幕から1か月。「NBAという世界のどこよりトップレベルにあたるリーグでプレーできていて、僕としてもうれしいし、いろいろ学んでいる。NBAの生活も違うところがあるけど、だんだん慣れてきたと感じている」と充実感。「体調管理は絶対に大事。遠征も多いし、試合も続けて週に何回もある。しっかりと体調管理しないといけない」と課題も挙げていた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集