[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コストルナヤ、衝撃世界新に重鎮タラソワ氏も絶賛「誰がどこでもっといいもの見た?」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯は22日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、GPシリーズ第3戦フランス国際を制したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が、紀平梨花(関大KFSC)が持っていた世界最高得点を更新する85.04点で首位に立った。昨季のGPファイナル覇者の紀平は79.89点で2位。国際スケート連盟(ISU)は冒頭で決めた圧巻の3回転アクセルを動画付きで公開。母国の重鎮タチアナ・タラソワ氏も「誰がどこでもっといいものを見たでしょう?」と絶賛している。

アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP通信】
アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP通信】

タラソワ氏が母国解説で称賛「なんてアクセルでしょう! 美しく、高く…」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯は22日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、GPシリーズ第3戦フランス国際を制したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が、紀平梨花(関大KFSC)が持っていた世界最高得点を更新する85.04点で首位に立った。昨季のGPファイナル覇者の紀平は79.89点で2位。国際スケート連盟(ISU)は冒頭で決めた圧巻の3回転アクセルを動画付きで公開。母国の重鎮タチアナ・タラソワ氏も「誰がどこでもっといいものを見たでしょう?」と絶賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 母国の重鎮も認める演技だった。コストルナヤは冒頭の3回転アクセル、高く余裕をもったジャンプで着氷させると、続く3回転ルッツも成功。フリップ―トウループの連続3回転も含め、すべてが完璧だった。スピン、ステップもオールレベル4。叩き出した85.04点は、紀平が持っていたSPの世界最高得点を更新する快挙だった。

 ISU公式ツイッターは紀平のお株を奪うような3回転アクセルを動画付きで公開し、世界に驚きを伝えているが、タラソワ氏も手放しで演技を称えた。ロシアメディア「life.ru」によると、母国国営放送で解説を務めた名伯楽は「卓越した滑りだわ!」と興奮気味に語り、さらにこのようにまくし立てたという。

「なんてアクセルでしょう! 美しく、高く、軽快で軽やかで」と絶賛。「誰がどこでもっといいものを見たでしょう?」とこの日の文句なしのNo.1と認めた。「観衆が立ち上がってアリョーナを迎えています。正しいわ、立ち上がってください」と日本のファンがスタンディングオベーションで称えた様子に拍手を送っていた。

 フリーは今日23日に行われる。フランス国際に続き、GPシリーズ連勝でファイナル行きを決められるか。札幌のリンクは熱く盛り上がりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集