[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロドリゲス陣営は毅然 体重超過ネリとの試合拒否は「安全上の理由で戦わない」

ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量に臨んだが、上限を1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)との試合はキャンセルになった。一時は予定通り開催とも報じられたが、主催者は中止決定の理由について、ロドリゲス側がバンタム級のリミットを超えたネリと戦う際の安全面を問題視したことを公表した。

ルイス・ネリ(左)とエマヌエル・ロドリゲス(右)【写真:Getty images】
ルイス・ネリ(左)とエマヌエル・ロドリゲス(右)【写真:Getty images】

主催者が発表「ロドリゲスが安全上の理由で戦わない選択をしたために中止」

 ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量に臨んだが、上限を1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)との試合はキャンセルになった。一時は予定通り開催とも報じられたが、主催者は中止決定の理由について、ロドリゲス側がバンタム級のリミットを超えたネリと戦う際の安全面を問題視したことを公表した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシングの聖地を揺るがせた悪童ネリの計量失敗。この試合はデオンテイ・ワイルダー―ルイス・オルティスのヘビー級タイトルマッチの前座試合として、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のペイパービュー(PPV)で生中継される予定だったが、主催者「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ」公式ツイッターもよもやの中止決定を発表した。

「ルイス・ネリとエマヌエル・ロドリゲスの間で行われる予定だったバンタム級の戦いはネリが体重を作れず、ロドリゲスが安全上の理由で戦わない選択をしたために中止となった」

 ネリは前日計量で1ポンド超過で再計量を行わず。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で井上尚弥(大橋)に敗れ、再起戦となる予定だったロドリゲスはバンタム級のリミットを超えたネリと戦うことに対し、「安全面の問題あり」と判断したようだ。

 直前のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦でも1度目の計量でオーバーしていたネリ。18年3月の山中慎介とのタイトルマッチで3ポンド(1.36キロ)の体重超過で試合前にタイトルを剥奪されるなど、問題を繰り返していた。山中はそれでもリングに上がったが、ネリ相手に2回TKO負けを喫していた。ロドリゲスは相手に毅然とした態度を貫いた格好となった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集