[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁に見えた新たな課題 ファウル誘発にどう対処? 相手選手「みんなが通る道」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が20日(日本時間21日)の本拠地スパーズ戦に12試合連続でスタメン出場、前回対戦では122-124で敗れた相手に15得点、7リバウンド、2アシストをマーク。チームは138-132で勝利し、雪辱を果たした。

八村塁【写真:AP通信】
八村塁【写真:AP通信】

ブルックスHCはこのプレーから学ぶことに期待

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が20日(日本時間21日)の本拠地スパーズ戦に12試合連続でスタメン出場、前回対戦では122-124で敗れた相手に15得点、7リバウンド、2アシストをマーク。チームは138-132で勝利し、雪辱を果たした。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 この試合でスパーズのエース、デマー・デローザンとマッチアップした際に合計4つのパーソナルファウルを記録した八村。そのうち最初のファウルは試合開始から3分11秒、デローザンのポンプフェイクに対して八村が飛びつき、それに合わせてシュートを放ったデローザンがアンドワンを狙った場面。これが自身2つ目のパーソナルファウルとなり、早々とベンチへ下がる結果に。

 第3Qにも同じような形でデローザンにファウルを誘発され、3つ目のパーソナルファウルを記録した八村は、試合後の会見でデローザンやラマーカス・オルドリッジなどの経験豊富な選手について聞かれ「僕も引っかかったりましたが、ファウルのもらい方がうまい。そういうところはこれから学んでいきたい」とこの経験を糧にすることを誓った。

 この場面についてはスコット・ブルックスHCも試合後の会見で触れ、「実際に経験するまでわからないものだ」といかに実際にコート上で経験することが大切かを強調した。

「ルイは学んでいる最中だ。デローザンのポンプフェイクに対して飛ばないことも学ぶだろう。一般的なことだが、それについて話したり、フィルムを見せたりすることもできるが、実際に経験するまでわからないものだ。来季ハチムラは同じプレーに対して飛びつかないと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集