[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スコットランド協会、WRへの“謝罪拒否” 寄付で決着、BBC記者「しこりの残る結果」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で台風による10月13日の日本―スコットランド戦の開催を巡り、スコットランド協会最高経営責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、法的措置も辞さないなどの強硬な発言が問題として、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は同協会に対し、7万ポンド(約980万円)の罰金を科し、謝罪を求めていた問題が着地を迎えた。スコットランド協会は謝罪を拒否。「罰金」を「寄付」として納めることになった。英公共放送BBCが報じている。

スコットランド代表【写真:Getty Images】
スコットランド代表【写真:Getty Images】

ドッドソン氏の強硬発言に対する処分、スコットランド協会は謝罪を拒否

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で台風による10月13日の日本―スコットランド戦の開催を巡り、スコットランド協会最高経営責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、法的措置も辞さないなどの強硬な発言が問題として、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は同協会に対し、7万ポンド(約980万円)の罰金を科し、謝罪を求めていた問題が着地を迎えた。スコットランド協会は謝罪を拒否。「罰金」を「寄付」として納めることになった。英公共放送BBCが報じている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 WRとスコットランド協会の泥沼化していた展開が決着を見た。事の発端は台風19号接近により、中止が危ぶまれていた10月13日のスコットランド戦。開催できなければ、スコットランドの敗退が決まる1次リーグ最終戦に対し、ドッドソン氏は中止になった場合、法的措置も辞さない姿勢などを明らかにし、発言が問題視されていた。

 この発言を見過せないと、WRは同協会側に対し謝罪文提出とともに7万ポンドの罰金を決定。しかし、これを受けてドッドソン氏は「スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴える」と徹底抗戦の姿勢を強めていた。泥沼化の様相を呈していたが、意外な形で決着を迎えた。BBCのトム・イングリッシュ記者は両者の思惑を振り返り、見解をこう示している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集