[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • いったい、いつまで拾うのか… 全米OPで執念の粘りに賛辞「信じられないポイント」

いったい、いつまで拾うのか… 全米OPで執念の粘りに賛辞「信じられないポイント」

テニスの全米オープンで強烈なショットを拾いすぎる男が出現し、粘りに粘って最後はポイントを奪取。大会公式ツイッターは「信じられないポイントだ」と動画付きで紹介し、ファンから称賛が相次いでいる。

全米OP準々決勝で地元のクエリーが驚異の粘りを発揮…観客も総立ち

 テニスの全米オープンで強烈なショットを拾いすぎる男が出現し、粘りに粘って最後はポイントを奪取。大会公式ツイッターは「信じられないポイントだ」と動画付きで紹介し、ファンから称賛が相次いでいる。

 拾う。とにかく拾う。いったい、いつまで拾うのか。

 観客を熱狂に巻き込んだのは、サム・クエリー(米国)だ。5日(日本時間6日)の準々決勝ケビン・アンダーソン(南アフリカ)戦。第2セットを6-6で迎えたタイブレークだった。

 クエリーのサービスから始まったラリー。相手の強烈なバックハンドで、右のサイドラインいっぱいに振られた。なんとか右手一本で返したが、力ないボールに対し、アンダーソンが力強いスマッシュ。再び右サイドに振られたが、なんとか反応。しかし、この隙にネット際に前進していたアンダーソンは今度は反対サイドにボレーで打ち返した。

 それでも、クエリーは粘った。右手一本のバックハンドで応戦。すると、次はネット際中央から豪快なスマッシュを放たれたが、バックライン後方にいたクエリーは高く弾んだボールに飛びつき、なんとか打ち返した。一本返すたびに客席はざわつき、歓声が大きくなった。そして、次の瞬間、ミラクルが起きる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー