[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜、スピン&ステップは最高評価、後はジャンプ 米記者評価「前進している」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯は9日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)が152.53点、合計226.04点で優勝。連勝でGPファイナル進出を決めた。日本の18歳、本田真凜(JAL)は課題のジャンプでミスが出て7位に終わった。米記者は「スケート・カナダよりは前進している」と評したが、GPファイナル出場は絶望的となった。

本田真凜【写真:Getty Images】
本田真凜【写真:Getty Images】

中国杯フリー、SP6位の本田はジャンプの失敗が響き7位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯は9日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)が152.53点、合計226.04点で優勝。連勝でGPファイナル進出を決めた。日本の18歳、本田真凜(JAL)は課題のジャンプでミスが出て7位に終わった。米記者は「スケート・カナダよりは前進している」と評したが、GPファイナル出場は絶望的となった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 SP6位から浮上を目指した本田。「ラ・ラ・ランド」の軽快な旋律に乗せて滑ったが、ジャンプにミスが相次いだ。スピン、ステップはオールレベル4を獲得したが、得点は伸び悩んだ。

 順位こそ7位とSPから下げたが、米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は「スケートカナダより前進しているようだ。しかし、ここでまさにスタートというタイミングにはならなかった」とツイート。スケートカナダより得点は10点以上下がったが、前進と表現している。

 あとはジャンプさえ決まれば……。GPファイナル出場の可能性はほぼなくなったが、12月の全日本選手権では会心の演技が見たい。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集