[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童の暴言がテニス界に貢献? 四大大会総額3000万円、罰金の皮肉な使い道とは

これまで数々の暴言で処分を受けていたフォニーニは今回の一件で、罰金はキャリア合計25万ドル(約2715万円)に達した。グランドスラムから永久追放の可能性も浮上しているが、テニスのイメージを引き下げる行為が、実はテニス界の発展に寄与しているというのだ。

フォニーニは全米OPで約260万円罰金…グランドスラム委員会「皮肉にも常習者が経済的に貢献」

 テニスの全米オープンで、男子シングルス世界ランク26位のファビオ・フォニーニ(イタリア)が主審への暴言を理由に2万4000ドル(約260万円)の罰金に加え、大会の出場停止処分を言い渡された。気性が荒いことで知られる同17位のニック・キリオス(オーストラリア)ら他の選手も、ラケット破壊などコードバイオレーションに抵触するたび、罰金を支払っている。選手のみならず、トーナメント全体のイメージダウンを引き起こしかねない振る舞いだが、実はテニス界の発展に貢献している意外な事実があるという。米ESPNが報じている。

 記事によると、これまで数々の暴言で処分を受けていたフォニーニは今回の一件で、罰金はキャリア合計25万ドル(約2715万円)に達した。グランドスラムから永久追放の可能性も浮上しているが、テニスのイメージを引き下げる行為が、実はテニス界の発展に寄与しているというのだ。

 記事では、グランドスラムの罰金はすべて「グランドスラム・ディベロップメント・ファンド」に寄付されることを紹介。この基金は、世界中のテニス新興国の競技振興のために資金を提供しているという。

「皮肉にも、グランドスラムで金銭的なペナルティを支払う常習者がテニス新興国でのテニスの世界的な発展に経済面で貢献しているということなんです」

 グランドスラム委員会のディレクター、ビル・バブコック氏はこうコメントしているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集