[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜に笑顔咲く 満身創痍の熱演に海外メディア感銘「足の負傷事故に関わらず…」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、大会直前に交通事故に遭った本田真凜(JAL)が自己ベストに3.18点に迫る120.06点をマーク。合計179.26点をマークし、ショートプログラム(SP)10位から6位に食い込み、海外メディアも称賛した。

本田真凜【写真:Getty Imgaes】
本田真凜【写真:Getty Imgaes】

ハプニングに負けず、自己ベストに迫る演技「マリン、おかえりなさい」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、大会直前に交通事故に遭った本田真凜(JAL)が自己ベストに3.18点に迫る120.06点をマーク。合計179.26点をマークし、ショートプログラム(SP)10位から6位に食い込み、海外メディアも称賛した。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 アクシデントにも負けなかった。本田は「ラ・ラ・ランド」の音楽に合わせ、明るいムードで笑顔を振りまいた。大きなミスなく演じ切り、得点は120.06点。右足にテーピングが巻かれた状態であっても、自己ベストに3.18点に迫る演技を見せた。会場からも大きな拍手が注がれた。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」のツイッターは「マリンがフリースケートの『ラ・ラ・ランド』の曲への振り付けをローリー・ニコルに頼んだことに我々は興奮している。それは本当に彼女を包み込んでいる。おかえりなさい」と曲と調和した演技を称えた。

 さらに「彼女は新たな成熟度を手に入れたようで、また落ち着きを得たようにも見える。足を負傷する事故にも関わらず出場を決めたという事実は、彼女の心の内を多く物語っている」と満身創痍の状態で熱演した心の強さに感銘を受けた様子。表彰台には届かなかったが、観る者の胸を打つ演技だった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集