[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ戦を再浮上のきっかけに ロドリゲスは平然「何の問題もない。王者に返り咲く」

ボクシングの前WBCバンタム王者ルイス・ネリ(メキシコ)と前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が11月23日(日本時間24日)に米ラスベガスで対戦することが正式決定。ノンタイトルながら、バンタム級戦線の強豪2人が激突する注目のマッチアップだ。5月にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で井上尚弥(大橋)に259秒で完敗を喫したロドリゲス。雪辱を期すプエルトリカンは「来年には世界王者に返り咲く予定だ」と“悪童”戦を浮上のきっかけにする。米メディアが報じている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

バンタム級必見のマッチアップ、ロドリゲスは急遽の相手変更にも泰然自若

 ボクシングの前WBCバンタム王者ルイス・ネリ(メキシコ)と前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が11月23日(日本時間24日)に米ラスベガスで対戦することが正式決定。ノンタイトルながら、バンタム級戦線の強豪2人が激突する注目のマッチアップだ。5月にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で井上尚弥(大橋)に259秒で完敗を喫したロドリゲス。雪辱を期すプエルトリカンは「来年には世界王者に返り咲く予定だ」と“悪童”戦を浮上のきっかけにする。米メディアが報じている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 ロドリゲスは当初、10月26日に元WBA世界同級スーパー王者ラウシー・ウォーレン(米国)との試合に臨むはずだったが、ウォーレンがスパーリング中に右手を負傷したことで中止に。井上に敗れて以来となるロドリゲスの再起戦の相手は、急遽ネリに変わった。

 井上に敗れるまでは19戦全勝。しかし井上の前にプロ初のダウンを喫し、心を折られた。2回で敗れたとはいえ、戦前は事実上の決勝戦とも目されていたように、そのボクシングクオリティは高く評価されていた。30戦全勝の強打者ネリとのマッチアップは実に興味深いものとなる。

 米専門メディア「マックス・ボクシング」によると、ロドリゲスは「種類の異なる様々な戦闘スタイルと常にトレーニングしているし、相手が変わることに何の問題もない」と急な相手変更も意に介していないという。

 さらに「プエルトリコとメキシコの人々は、素晴らしい戦いを期待している。ネリに対して準備はできているし、2020年には再び世界チャンピオンへ返り咲く予定だ」とネリを撃破して、再びチャンピオンベルトを巻く自身の姿をイメージしている。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集