[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウッズ、前半首位と3打差 3連続バーディーで観衆熱狂「タイガー!」 13年ぶり出場

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。米ツアー歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が、2006年11月のダンロップ・フェニックス以来13年ぶりに日本開催ツアー出場。前半を終え、4バーディー、3ボギーの1アンダーで回り、首位と3打差の7位としている。

前半を終え、首位と3打差の7位につけたタイガー・ウッズ【写真:荒川祐史】
前半を終え、首位と3打差の7位につけたタイガー・ウッズ【写真:荒川祐史】

06年11月以来の“生ウッズ”にギャラリー大興奮

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。米ツアー歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が、2006年11月のダンロップ・フェニックス以来13年ぶりに日本開催ツアー出場。前半を終え、4バーディー、3ボギーの1アンダーで回り、首位と3打差の7位としている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 43歳のウッズは、今季の海外メジャー・マスターズで11年ぶりのメジャー通算15勝目を挙げて完全復活。世界ランク1位に長く君臨したかつての絶対王者が日本にやってきた。朝のショット練習場では、1000人以上が取り囲む中で練習。関東開催大会では初の出場で会場は早朝から熱気に満ち溢れた。

 スタート10番パー4のティーグラウンドに登場すると「タイガー!」「かっこい~!」「顔ちっちゃ」「ありがとう!」などと声援が降り注いだ。コース周りには5000人は超えているであろう人の群れ。隣の18番グリーンのスタンド席に座るファンも、振り返って双眼鏡を覗いた。

 スタートの10番パー4の第1打を3ウッドで振り抜くと、大歓声が上がる。しかし、日本で放った13年ぶりの1打は左の池に消え、歓声は大きなため息に変わった。池の縁からの第3打をピン横1メートル半につけたが、パットを沈められずにボギー。11番パー4も第1打を左バンカーに入れ、第2打はフェアウェーに刻む。第3打はピン手前に乗せたが、連続ボギー。続く12番パー4も落とし、3連続ボギーでスタートした。

 14番パー5の第1打は右に曲げて、バウンドしたボールがギャラリーに直撃。ラフからの第2打をフェアウェーに載せると、第3打をピン手前2メートル半につけた。上りのパットを沈め、初バーディーだ。15番に到着すると「タイガー!」「ナイスバーディー!」と出迎えられたスーパースター。15番パー4も伸ばすと、16番パー3はピン奥2メートル半から下り気味のパットを沈め、3連続バーディーでスコアを戻した。

 18番もバーディーを奪ったウッズは、前半を終えた時点で、1アンダーで首位を3打差。6番まで終えた松山英樹が4アンダーでトップに立っている。石川遼はイーブンパーで19位としている。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集