[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表、南半球最強リーグ参戦が急浮上 NZメディア「敗退の日本に朗報が存在」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、準々決勝で日本が南アフリカに3-26で敗退。史上初の8強進出という快挙を果たした日本ラグビー界の今後に注目が集まる中、20年シーズン限りでスーパーラグビーからの除外が発表されたサンウルブズの復活に加え、代表チームはニュージーランドなど南半球の強豪4か国で争う南半球最強決定リーグ戦参加の可能性が急浮上している。ニュージーランド地元紙「ニュースハブ」が報じている。

W杯で史上初の8強進出を果たしたラグビー・日本代表【写真:荒川祐史】
W杯で史上初の8強進出を果たしたラグビー・日本代表【写真:荒川祐史】

南半球の4か国リーグ戦、日本が主催者と25日に都内で会談予定

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、準々決勝で日本が南アフリカに3-26で敗退。史上初の8強進出という快挙を果たした日本ラグビー界の今後に注目が集まる中、20年シーズン限りでスーパーラグビーからの除外が発表されたサンウルブズの復活に加え、代表チームはニュージーランドなど南半球の強豪4か国で争う南半球最強決定リーグ戦参加の可能性が急浮上している。ニュージーランド地元紙「ニュースハブ」が報じている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 四年に一度の祭典で国民的英雄となったブレイブ・ブロッサムズ(日本代表の愛称)。継続的なチーム強化にビッグニュースが飛び込んできた。

「日本代表のラグビーW杯から敗退は決まってしまったが、水平線にはいくつかの朗報が存在する。日本のラグビーファンへの光明とともに、新時代の夜明けはやってきた。サンウルブズのスーパーラグビー復帰の可能性が衝撃的に進展を見せようとしている」

 記事ではこう報じている。ラグビーの国際大会「スーパーラグビー」に16年から参加し、日本代表級の選手で構成されたサンウルブズ。主催者側は拠出金の問題で、2020年シーズンを最後にリーグからの除外が発表されていた。

 だが、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンの4か国の合弁事業「SANZAAR」は25日に都内で日本側と会談予定。サンウルブズ復活に加え、毎年、南半球の強豪国4か国で争うリーグ戦「ラグビー・チャンピオンシップ」への日本代表の参加についても話し合うことになると報じられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集