[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 奥原希望初V、バド界OBや“霊長類最強女子”も反応「本当に感動した」「凄い!!」

奥原希望初V、バド界OBや“霊長類最強女子”も反応「本当に感動した」「凄い!!」

バドミントンの世界選手権(グラスゴー)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング12位の奥原希望(日本ユニシス)が同4位のシンドゥ・プサルラ(インド)を21-19、20-22、22-20で下し、悲願の金メダルを獲得。日本史上初の同種目制覇を成し遂げた22歳に対し、バドミントン界のOBや一流アスリートも「本当に感動した」「おめでとう、凄い!!」などと反応を見せている。

五輪三連覇を果たしているレスリングの吉田沙保里もツイッターで称賛

 バドミントンの世界選手権(グラスゴー)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング12位の奥原希望(日本ユニシス)が同4位のシンドゥ・プサルラ(インド)を21-19、20-22、22-20で下し、悲願の金メダルを獲得。日本史上初の同種目制覇を成し遂げた22歳に対し、バドミントン界のOBや一流アスリートも「本当に感動した」「おめでとう、凄い!!」などと反応を見せている。

 日本バドミントン界の歴史を塗り替えた世紀の一戦は、ファンのみならず、アスリートにとっても高い注目度を誇っていたようだ。試合終了後、続々とツイッターで称賛の声が上がった。

 元女子バドミントン選手の小椋久美子氏は、「奥原選手! 金メダルおめでとうー!!最後まで良く走り抜いた。あの精神力。本当に感動しました」と女子シングルス史上2番目に長い1時間50分に及ぶ激闘を制したプレーに感嘆。潮田玲子氏とダブルスペアを組み、「オグシオ」として、全日本総合選手権5連覇、北京オリンピック5位入賞を果たした“大先輩”でも、その衝撃は大きかったようだ。

 女子レスリング選手の吉田沙保里は「おめでとう。凄い!」と笑顔とグッドサインの絵文字付きで投稿。五輪三連覇を果たしている“霊長類最強女子”も快挙を称賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー