[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届公示 163キロ佐々木朗希がついに… 計237人に到達、いよいよ今日締切

日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は2日、新たなプロ野球志望届の提出者を公式サイトで公示。17日のドラフト会議に向けて、大船渡高の163キロ右腕・佐々木朗希投手がついにリストに加わった。高校生では佐々木のほかに関西高の片山朋哉外野手、宜野湾高の比嘉太一内野手の3人が提出。大学生では筑波大の大城駿斗外野手、加藤徹外野手ら6選手が新たに名を連ね、提出者は高校生134人、大学生103人となった。

大船渡高の163キロ右腕・佐々木朗希投手が提出【写真:Getty Images】
大船渡高の163キロ右腕・佐々木朗希投手が提出【写真:Getty Images】

2日までに高校生3人、大学生6人が新たに提出

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は2日、新たなプロ野球志望届の提出者を公式サイトで公示。17日のドラフト会議に向けて、大船渡高の163キロ右腕・佐々木朗希投手がついにリストに加わった。高校生では佐々木のほかに関西高の片山朋哉外野手、宜野湾高の比嘉太一内野手の3人が提出。大学生では筑波大の大城駿斗外野手、加藤徹外野手ら6選手が新たに名を連ね、提出者は高校生134人、大学生103人となった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 佐々木は4月のU-18高校日本代表合宿で163キロをマーク。花巻東・大谷翔平投手(現エンゼルス)が2012年にマークした160キロを上回り、高校生として史上最速を記録した。大船渡では夏の岩手大会で決勝に進出したが、最後は登板することなく敗退。3年間で一度も甲子園には出場できなかったが、侍ジャパンU-18代表に選出され、「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場した。

 高校生では、星稜・奥川恭伸、創志学園・西純矢、横浜・及川雅貴とともに“ビッグ4”と期待され、大学NO1右腕の明大・森下暢仁とともに競合が予想される。プロ志望届はきょう3日が最終日。この日で高校、大学を合わせた提出者は計237人になった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集