[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

不屈の闘志で再び頂点へ ウィンブルドンVのマレーが語った哲学とは

ウィンブルドン男子シングルス決勝で第2シードのアンディ・マレー(英国)が第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)をストレートで下し、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

20160712_murray

ウィンブルドン2度目の優勝、「まだまだ最高のテニスができる」

 ウィンブルドン男子シングルス決勝で第2シードのアンディ・マレー(英国)が第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)をストレートで下し、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 グランドスラムでは3度目の優勝。マレーはノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー(スイス)の厚い壁に阻まれてきた。不屈の闘志で再び芝の頂点に上り詰めた男は「失敗を恐れない」精神の重要性を主張している。英公共放送BBC電子版が報じている。

「まだまだ最高のテニスができると感じている。もっと優勝できるチャンスがあると思うんだ。どんな人の人生でも“その時”は様々なステージに訪れる。自分の“その時”はこれからやってくればいいね」

 カナダ勢初のウィンブルドン制覇を狙ったビッグサーバー、ラオニッチを破ったマレーはこう語ったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集