[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届 第2週は高校生33人が一挙提出 152キロ右腕、通算58発大砲ら逸材続々

日本高校野球連盟が4日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は第2週を終えた。5日間(9~13日)で33人が提出し、提出者は計59人になった。

第2週は高校生33人がプロ野球志望届を提出
第2週は高校生33人がプロ野球志望届を提出

高校生は59人に到達

 日本高校野球連盟が4日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は第2週を終えた。5日間(9~13日)で33人が提出し、高校生の提出者は計59人になった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 第2週もドラフト候補が続々と提出した。投手では、武田(広島)の右腕・谷岡楓太は甲子園出場経験はないが、最速152キロの豪腕。青森山田の右腕・堀田賢慎も最速151キロを誇る本格派だ。専大松戸(千葉)の横山陸人投手は右のサイドハンドながら最速148キロと面白い存在だろう。

 野手では高校通算58本塁打を放っている常総学院(茨城)・菊田拡和外野手が提出。右の大砲として注目される。今春センバツに出場した大分・江川侑斗捕手は九州No.1捕手と前評判が高い。捕手では日大山形の渡部雅也も強肩と評判。今夏の甲子園で16強入りした敦賀気比(福井)の木下元秀外野手と高岡商(富山)の堀裕貴外野手も提出した。

 U-18野球ワールドカップに出場した侍ジャパン高校日本代表メンバーは第2週も動きなし。ドラフト目玉候補の佐々木朗希投手(大船渡)、奥川恭伸(星稜)らの動きに注目が集まる。なお、大学生は第2週に34人が提出。提出者は10月17日に行われるプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集