[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ボルト、“フットボーラー”としての才能に絶対の自信「ルーニーのレベルにはある」

ボルト、“フットボーラー”としての才能に絶対の自信「ルーニーのレベルにはある」

人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、無類のサッカー好きとして知られる。陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となったが、自身がサッカーに打ち込んだ場合、「ウェイン・ルーニーのレベルにはある」と発言して話題となっている。

世界陸上で全治3か月の重傷を負うも、サッカーへの想いは冷めやらず

 人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、無類のサッカー好きとして知られる。陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となったが、自身がサッカーに打ち込んだ場合、「ウェイン・ルーニーのレベルにはある」と発言して話題となっている。

 ボルトは男子100メートルでジャスティン・ガトリン(米国)との接戦の末に銅メダルに終わり、アンカーを託された400メートルリレーで疾走中に負傷するという失意の引退レースを終えた。その後の会見では、「自分はフットボールをプレーしたい。なぜなら自分の得意分野だからだ」と次なる野望を口にしたことが大きく報じられた。

 17日に自身のツイッターで、左太もも裏の故障が「全治3か月」の重傷だったことを公表。9月2日に開催されるマンチェスター・ユナイテッド―バルセロナのOBレジェンドマッチへの出場は難しくなったが、イベント参加には意欲的な姿勢を示しているという。

 ボルトが熱狂的なファンであるユナイテッドの地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」は、陸上界のトップスターがフットボーラーとしての自分について語る様子を伝えている。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー