[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、モンテネグロに前半33-40 初のW杯全敗危機も渡邊雄太が意地の21得点

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で初の開幕4連敗となった世界ランク48位の日本は9日、同28位・モンテネグロとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、前半を33-40で折り返した。NBAウィザーズの八村塁が膝の不調と疲労、主将のPG篠山竜青が左第1趾末節骨骨折で欠場して迎えた最終戦。

渡邊雄太【写真:Getty Images】
渡邊雄太【写真:Getty Images】

W杯最終戦、過去未勝利の欧州勢を相手に今大会初勝利なるか

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で初の開幕4連敗となった世界ランク48位の日本は9日、同28位・モンテネグロとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、前半を33-40で折り返した。NBAウィザーズの八村塁が膝の不調と疲労、主将のPG篠山竜青が左第1趾末節骨骨折で欠場して迎えた最終戦。5度目の出場で過去9戦全敗欧州勢に初勝利を狙うが、初の大会0勝の危機に立たされている。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 日本は安藤誓哉、渡邊雄太、竹内譲次、ファジーカス・ニック、田中大貴が先発。第1クォーター(Q)開始40秒で竹内譲のシュートで先制した。しかし、モンテネグロ唯一のNBAプレーヤー、Cニコラ・ヴチェヴィッチ(マジック)を中心に得点を重ねられ、6-15の残り4分39秒にタイムアウト。昨季オールスターにも出場した身長213センチのヴチェヴィッチにこの時点で6得点を奪われた。

 モンテネグロも日本と同じ4戦全敗で初勝利を懸けて臨んでいる。日本は中に切れ込むドライブでディフェンスのずれを作られ、外から3ポイントシュートを打たれる課題を埋められず。ノープレッシャーのまま遠距離砲を打たれる場面が目立った。

 16-26で第2Qに突入。前戦で31得点を挙げたファジーカスも高さのある相手に対し、ゴール下で優位に立てず攻め手を欠く。そんな中でも、渡邊が体を張ったディフェンスを見せると、攻撃面でも貢献。フル出場し21得点を挙げるなどプレーでチームを鼓舞。一時は1点差まで追い上げた。

 日本は1次リーグでトルコ、チェコ、米国に3連敗し、2次リーグ進出を逃した。順位決定戦に回り、7日のニュージーランド戦は81-111で初の開幕4連敗。強化試合から課題にしてきた3ポイントシュートだけで54失点。エースと主将を欠く10人で懸命に戦ったが、日本の大会最多失点を喫した。

 8日は希望選手のみの自主練習となり、比江島、双子の竹内譲次と公輔の3人で調整。譲次は選手ミーティングを開くことを明かし「昨日(7日)の試合後が一番、雰囲気が悪かった。もっとバスケットを楽しむ。勝ち負けにとらわれすぎていた。もちろん、代表チームなので勝利が一番大事ですけど、見ている人にあんなゲームをして失礼だった。みんな下を向いていた。全てをコートに置いてきたい」と話していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集