[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

審判団追放に発展 “残り30秒の大誤審”に被害監督が憤慨「こんなのジョークだ」

中国で行われているバスケットボールのワールドカップ(W杯)で誤審騒動が起きた。2次リーグのフランス―リトアニア戦の終了間際、リトアニア選手のフリースローがまだリング上にあるにも関わらず、フランス選手が弾いた。

リトアニアのダイニュス・アドマイティスヘッドコーチ【写真:Getty Images】
リトアニアのダイニュス・アドマイティスヘッドコーチ【写真:Getty Images】

フランス―リトアニア戦の終了間際に疑惑の判定、審判団は今大会から外れる

 中国で行われているバスケットボールのワールドカップ(W杯)で誤審騒動が起きた。2次リーグのフランス―リトアニア戦の終了間際、リトアニア選手のフリースローがまだリング上にあるにも関わらず、フランス選手が弾いた。本来ならリトアニアの得点が認められるところ、プレーは続行。結局、リトアニアが敗れた。物議を醸したシーンを海外メディアによって続々拡散されているが、判定に泣いた格好のリトアニア監督は「こんなのはジョークだ」と憤慨している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 疑惑の判定が海外で物議を醸している。問題となったのは、第4クォーターの残り30秒、75-76とリトアニアが1点ビハインドで迎えたフリースローの場面。バランスナスが打ったシュートはリング上で弾むような形になった。これに跳び上がったフランスのゴベールが手を伸ばしてボールを弾いたが、明らかにまだリングに触れている状態だった。

 ルール上はインターフェアにより、リトアニアに1点が入り、同点となっていた場面。しかし、審判はプレーをそのまま続行させ、逆に2点を追加したフランスが78-75で逃げ切った。入っていれば、状況的にわからなかったシーン。結果的にリトアニアはこの敗戦により2次リーグ敗退が決まったのだから、後味が悪い。

 AP通信によると、リトアニアのダイニュス・アドマイティスヘッドコーチは「スマートになる必要はない。しかし、正直にならなければ」と憤慨。「試合を止めて、何が起こったのか見に行くべきだ」と語ったという。

 さらに自国の選手について「彼らは家族と過ごさずに夏の間ずっと、2か月間を費やしてきたんだ。1ドルももらっていない。ゼロだ。本当に彼らを尊敬する」と擁護。その上で「こんなのはジョークだ」と言い放ったという。

 また、記事では翌日にFIBAがスペイン、ベネズエラ、アルゼンチンの3人から成る審判団を今大会の残り試合が外したと紹介。「この試合の審判はビデオ判定を使用しなかった。FIBAはなぜ審判がプレーを見直さなかったのか、語っていない」としている。熱戦が繰り広げられている大会において、後味の悪さが残ってしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集