[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英が「勝利で輝く」 45分間で存在感、スペイン紙称賛「最高の攻撃に関わった」

サッカー日本代表は5日、国際親善試合のパラグアイ戦に2-0で勝利。注目の18歳MF久保建英(マジョルカ)は後半45分間プレーし、。最年少ゴールこそお預けとなったが、クロスバーを直撃するシュートを放つなど、チーム最多タイの5本のシュートを記録。見せ場は十分に作った。所属するスペインメディアも熱視線。

パラグアイ戦に出場した久保建英【写真:Getty Images】
パラグアイ戦に出場した久保建英【写真:Getty Images】

クロスバー直撃のシュートなどチーム最多5本のシュート放つ

 サッカー日本代表は5日、国際親善試合のパラグアイ戦に2-0で勝利。注目の18歳MF久保建英(マジョルカ)は後半45分間プレーし、。最年少ゴールこそお預けとなったが、クロスバーを直撃するシュートを放つなど、チーム最多タイの5本のシュートを記録。見せ場は十分に作った。所属するスペインメディアも熱視線。「日本最高の攻撃に関わった」と称賛を送っている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 後半開始からピッチに立った久保。ゴールこそなかったが、確かな輝きを見せつけた。後半5分には自身が倒されて得たFKを直接狙うも、わずかにクロスバーの上。同24分にはエリア内でボールを持つと、角度のない場所から左足でシュートを放つも、今度はクロスバーに直撃した。

 南米の強豪相手に一歩も引かぬボールキープや、ドリブルでファウルも誘うなど存在感を発揮した久保。ゴールこそなかったが、チームの勝利に大きく貢献した。

 スペイン紙「AS」では「クボが日本の親善試合の勝利で輝く」と題してマジョルカの18歳にフォーカス。「この選手は後半における日本最高の攻撃に関わった。また、ちょっとしたチャンスが数回あったが、得点につなげることはできなかった」と伝え、久保のパフォーマンスを高く評価している様子だ。

 日本は10日にワールドカップアジア2次予選で、アウェーでミャンマー代表と激突する。久保に代表初ゴールは生まれるのか。国内外から熱い視線が集まっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集