[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、個人技とチーム力を示せるか 「野心」持つNBA軍団に5年ぶり挑戦、見どころは?

走り回る“根性”求めた渡邊「コートに立てば、NBAとか関係ない」

 特にチェコ戦では、フィジカルコンタクトで当たり負けする場面があり、時間が進むにつれて体力を消耗。強化試合で見せた後半に追い上げを見せるチームの姿も影を潜めた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「メンタル的な部分も絶対にある。相手がフィジカルでやってくるのは最初からわかっていた。それに対して、自分たちが急にフィジカルが強くなるとかは無理なので、いかに心の準備を最初からやるか」と渡邊。「出場時間も、自分と塁が30分くらい出る中で、他の選手も20分近く出る。それくらいの時間ならみんな戦う体力はあるはず。本当に気持ちの問題だと思います」と“根性”による奮起を求めている。

 米国は1歩目の速さ、当たりの強さ、技術の細部に至る全てにおいてハイレベルな相手となる。今秋、NBAデビューを狙う八村個人のスピード、パワー、技術がどれほど太刀打ちできるのか。「僕が止められても、他に4人いる」と信頼する仲間と、スローガンの「日本一丸」で戦い抜けるか、日の丸戦士の実力が試される。

 日本はW杯で米国と初対戦。五輪は1956年メルボルン(40-98)、60年ローマ(66-125)、72年ミュンヘン(33-99)の3戦全敗だ。八村も2014年U-17世界選手権で両チーム最多の25得点を挙げたが、38-122で大敗。「思い出深い試合だった。(今回の相手は)これから僕がずっと戦っていくような選手たちと戦う。チームとしては、日本人としてどれだけ米国人にバスケで対抗できるか。凄く楽しみな一戦」と闘志をむき出しにしている。

 当日練習を終えた渡邊も「コートに立てば、ここはW杯。NBAとか関係ない。ただ『米国とやれた』で終わりたくはない」と気合。未来につなぐための戦いが始まる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集