[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、初戦の第1Qつまずき猛省 チェコ戦は爆発予告「エンジン全開で飛ばす」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は2日、2試合目のとなる3日の同24位・チェコ戦に向けて試合会場で練習した。1時間半の練習で最後の5分間を報道陣に公開。前日のトルコ戦では67-86で敗れ、1次リーグ突破には勝利が必要だ。

練習後、取材に応じた渡邊雄太【写真:浜田洋平】
練習後、取材に応じた渡邊雄太【写真:浜田洋平】

3日のチェコ戦へ練習公開、八村を援護できなかった渡邊「5人全員でリバウンドを」

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は2日、2試合目のとなる3日の同24位・チェコ戦に向けて試合会場で練習した。1時間半の練習で最後の30分間を報道陣に公開。前日のトルコ戦では67-86で敗れ、1次リーグ突破には勝利が必要だ。エース・八村塁(ウィザーズ)が徹底マークに遭うことが予想される中、渡邊雄太(グリズリーズ)の奮起が期待される。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 世界との差を痛感した敗北から一夜、渡邊はエネルギッシュな姿を見せた。公開された中でのシュート練習は、笑顔を見せながらリラックスムードで調整。悲壮感はない。浮足立った初戦からの成長を誓った。

「当然、昨日の試合は反省しないといけないですし、だからといって引きずるわけにはいかない。W杯はまだ始まったばかりですし、初戦が終わっただけでこれから続く。一戦、一戦試合ごとに反省すべきことと自分たちができたことの復習みたいなことが大事になってくる。それを引きずらずに明日は新しい試合。目の前の試合に集中しなければならない」

 八村はトルコ戦では常に2人以上がマークに張り付き、自分のプレーをさせてもらえなかった。周囲はサポートしたいところだったが、出だしからミスを連発。大舞台で浮足立ったシーンが目立ち、“八村封じ”の策にはまってしまった。余裕を持たれた上で19点差の完敗。渡邊は改めて課題を見つめ直した。

「ずっと言っていることになるけど、リバウンド。昨日はリバウンドでもかなり負けていたので、そこは試合に出ている5人がしっかり意識して、5人全員でリバウンドを取りに行く意識がないと。やっぱりインサイドは相手の方が身長がデカくなるので、ビッグ3だけではなかなか取れない部分が出てくるので、ガード陣がいかにリバウンドに絡んでいくかが大事だと思います」

 試合全体のリバウンド数は26-44とトルコに圧倒された。直後の試合で、チェコは米国に67-88で敗北。3日は互いに負けられない一戦となる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集