[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、失意の完敗から一夜 第2戦チェコ戦も徹底マーク予測「頭使ってやりたい」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は2日、2試合目のとなる3日の同24位・チェコ戦に向けて試合会場で練習した。1時間半の練習で後半30分間を報道陣に公開。前日のトルコ戦では67-86で敗れ、1次リーグ突破には勝利が必要だ。相手の厳しいマークで15得点となったエースの八村塁(ウィザーズ)は取材に応じた。

練習後、取材に応じた八村塁【写真:浜田洋平】
練習後、取材に応じた八村塁【写真:浜田洋平】

3日のチェコ戦へ練習公開、正念場の一戦へ「しっかり切り替えてやらないと」

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は2日、2試合目のとなる3日の同24位・チェコ戦に向けて試合会場で練習した。1時間半の練習で後半30分間を報道陣に公開。前日のトルコ戦では67-86で敗れ、1次リーグ突破には勝利が必要だ。相手の厳しいマークで15得点となったエースの八村塁(ウィザーズ)は取材に応じた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 失意のスタートから一夜明け、選手たちは次を見据えた。前日に発熱で午前練習を回避した影響も感じさせず、時折笑顔を見せながら、念入りに3ポイントを打ち込むなど、汗を流した八村。トルコ戦では常に2人以上がマークに張り付き、自分のプレーをさせてもらえなかった。試合後は取材エリアでの記者の問いかけに応じることのなかったエースがこの日、口を開いた。

「どの試合も負けられないけど、特に明日はやっぱり第2ラウンドに行く大事な試合になる。僕らも昨日の試合で反省点が出てきたので、しっかり切り替えてやらないといけない」

 チェコ戦に向け、第一声から決意を述べた八村。中国入り後に発熱があり、思うような調整ができず、トルコ戦では出だしからミスを連発して浮足立ったチームは“八村封じ”の策にはまり、打開策を見出すことなく40分が過ぎた。余裕を持たれた上で19点差の完敗。直後の試合で、チェコは米国に67-88で敗北した。3日は互いに負けられない一戦となる。

 八村はチェコの印象について「欧州だけど、大きい選手もいっぱいいて、体を張ってやってくるチーム」と語った上で、今日の練習の重点ポイントについては「ディフェンスの部分。相手のPGは中心と思うので、中心選手に気持ち良くプレーさせないことを意識してやっていた」と対策を講じたことを明かした。

 チェコは八村と同じウィザーズからブルズに移籍した身長201センチの大型PGトマシュ・サトランスキーが、唯一の現役NBAプレーヤー。昨季80試合に出場した27歳は、平均27.1分、8.9得点、5.0アシストだった。逆転負けした米国戦でも、計28分で両軍最多の17得点をマーク。最強米国を相手にしても存在感を発揮した。

 217センチのオンドレイ・バルビンは強力なセンター。アウトサイドから放たれる欧州屈指のシュート力も日本の脅威となる。日本はプラン通りの働きを許すわけにはいかない。5度目出場のW杯で欧州相手に8戦全敗。八村は初勝利で輝きを取り戻すため、闘志をみなぎらせた。

「昨日は明らかにディフェンスでは僕の得意なショットを打たせないディフェンスをしてきて、その通りさせられた。かといってミドルレンジしか打てない選手じゃないので、僕もスマートにやらないといけない。次の試合はどうなるかわからないけど、確率的には昨日みたいなディフェンスしてくる可能性が高い。僕も頭を使ってやりたい」

 体調については「大丈夫です」と力強く語った。ハートは熱く、頭はクールに――。大きな期待を背負って臨んだ世界大会。正念場のチェコ戦に向けて全力を尽くす。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集