[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10秒後の奇跡― 松山、首位猛追の“神パット”に米大興奮「ほとんどの結婚より長い」

米男子ゴルフのプレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」は22日開幕。今季から第2戦終了時のポイントランキング順のハンデにより、松山英樹(レクサス)は3アンダー11位からスタート。6バーディー、2ボギーの66と4つスコアを伸ばして7アンダー、首位に3打差の7位に浮上した。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

66をマークし、首位に3打差7位浮上 話題を呼んだの7番でのバーディーパット

 米男子ゴルフのプレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」は22日開幕。今季から第2戦終了時のポイントランキング順のハンデにより、松山英樹(レクサス)は3アンダー11位からスタート。6バーディー、2ボギーの66と4つスコアを伸ばして7アンダー、首位に3打差の7位に浮上した。奇跡のパットを見せたのは7番ホールだ。約4メートルのフックラインのバーディーパットが、カップの縁で停止。10秒後にポトリと落ちるという、“時間差バーディー”の場面をPGAツアーが公式SNSで動画付きで公開。米ファンの反響を集めている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 プレーオフシリーズの最終戦で上位進出にはビッグスコアが求められる中で、松山がラッキーにも助けられ一気に浮上した。7番ホール。約4メートルのバーディーパットはフックラインに乗って、カップへ向かう。入る……と思ったその瞬間。カップの左縁ぎりぎりに止まったのだ。

 バーディー逃しか、だがドラマはここからだ。ボールがわずかに動いている。1秒、2秒、3秒……10秒後にポトリと落ちた。規定の10秒ギリギリでの奇跡に、ボールを拾い上げた松山も思わず笑顔になった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集