[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タカマツが初戦突破 鬼門の8強入りに集中「いつ負けても後悔しない気持ちで」

バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は現地時間21日、第3日を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀(日本ユニシス)は、2-0でオーストラリアのペアを下して3回戦に進出した。

ストレートで初戦突破したタカマツ【写真:平野貴也】
ストレートで初戦突破したタカマツ【写真:平野貴也】

ストレート勝ちで3回戦へ、松友「初戦にしては良いプレーがたくさんできた」

 バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は現地時間21日、第3日を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀(日本ユニシス)は、2-0でオーストラリアのペアを下して3回戦に進出した。1回戦はシードで、この試合が初戦。松友は「初戦にしては良いプレーがたくさんできた。先に相手の嫌がるプレーができた。積み重ねて、自分たちからどんどん勝負していけたらいい」と手ごたえを語った。翌22日の3回戦では、世界ランク15位のチョウ・メイクァン、リー・メンイェン(マレーシア)と対戦する。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 2016年リオデジャネイロ五輪でバドミントン競技日本勢初の金メダルに輝いた2人の目標は、2020年東京五輪での連覇。ただし、今回は五輪出場権の獲得争いが過酷だ。出場者は、2020年4月末の世界ランクによって決まり、一つの種目には1か国から最大2組しか出場できない。現在の世界ランク1位が、世界選手権の連覇を狙っている松本麻佑、永原和可那(北都銀行)。同2位が高橋、松友の「タカマツ」ペアだが、3位に福島由紀、廣田彩花(アメリカンベイプ)が続いており、日本勢同士の順位争いが激しい。

 世界選手権は、五輪レースにおいて最も高いランキングポイントが付与される重要な大会だ。しかし、高橋は「ほかの選手は、レース中だから勝ちたいとか、ポイントのこととか考えると思うけど、自分としては、世界選手権ではベスト16の壁を壊せていないので、良いプレーを出すことと16の壁を壊すことしか考えていない」と目の前の試合を勝つためだけのモチベーションで臨んでいることを強調した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集